• TOP
  • 輸入住宅の記事一覧

輸入住宅の記事一覧

夏の暑さは窓が原因!「カーテン」で室温を調節しよう

昔は「朝起きたらカーテンを開けて、夕方になったら閉める」「太陽が昇っているのにカーテンを閉めているのはだらしがない」とされていました。しかし現代の夏においては、昼間でもカーテンを閉めておいた方が良い場合があります。理由は夏が暑すぎるからです。

このところの猛暑は異常なほど暑く、エアコンを調節するだけでは対応できないこともあります。夏にふさわしいカーテンをつけ、適切に使うことにより猛暑を乗り切りましょう。

1.夏とカーテンの意外な関係

240_F_212722520_Vhv79ePmvx7CHT10D8QeDSNmX1hrT0zo

カーテンは光をさえぎるものだけではありません。夏に適切に使うことにより、外気からの暑さからまもり、空気中の冷房を適度に利かせることができます。

1-1.室内の暑さは窓ガラスから差し込む太陽の熱

夏の室内が暑くなる原因は、窓ガラスから差し込む太陽熱によるものです。太陽光は外壁や屋根など、いろいろな場所に差し込んで室内全体を暑くさせてしまいますが、なかでもガラス戸などの開口部から差し込む熱は大きな原因となります。

室内に入ってくるおよそ7割の熱が窓の開口部といわれています。そのため窓を遮熱効果のあるものにしたり、ベランダにサンシェードを貼って日差しを防ぐやり方もあるでしょう。しかしコストや手間が掛かることが多く、現実的には難しいこともあります。そのため、開口部にカーテンをしっかりと取り付け、適切に太陽光を遮断することは最も簡単な断熱方法といえます。

1-2.おすすめは遮光カーテン

遮光カーテンは、名前の通り光をさえぎってくれるカーテンです。寝ている間はもちろん、朝起きたときも朝日が入るのを予防し、部屋の明るさを調節できるカーテンとして人気があります。

遮光カーテンはそもそも寝室に用いられることが多かったのですが、近年では夏の暑さを遮ってくれるものとして人気がでてきました。光が入らないことで部屋の温度の上昇を防ぎ、エアコンの効きを良くしてくれます

また、以前は遮光カーテンといえば黒や茶系といった色合いが多かったのですが、最近では白やブルーといった夏でも使える色のカーテンが増えています。

1-3.季節によってカーテンを取り換えよう

カーテンは1年中同じものを使っている人も多いでしょう。しかし、部屋のインテリアの雰囲気を変えるためにも、夏と冬でカーテンを変えるのもおすすめです。

夏でも冬でも遮光カーテンを使えば、光だけでなく外気温からも守ることができるので、夏は暑さを遮り、冬場は寒さから守ってくれます。また、カーテンの素材や色合いを季節ごとにかえれば、部屋の雰囲気も変わり、手軽で簡単な模様替えもできるでしょう。一昔前までは、カーテンはとても高いイメージがありました。しかし、今は店でもネット通販でも驚くほど安い値段で手に入ります。夏と冬で分けて使うのはもちろん、春夏秋冬に合わせてさまざまな柄のカーテンを用意しておくのも良いでしょう。

2.夏におススメしたいカーテン5選

240_F_218749433_E7hSYK6f6yiMQgxkXtLRysu3UyZaSzHW

カーテンには実に多くの種類があります。一般的な厚手のカーテンのほかに、遮光カーテン、UVカーテン、消臭カーテンなど、その使い道は実にさまざまです。使う部屋の用途に合わせ、夏のカーテンを選んでいきましょう。

2-1.まずは定番「遮光カーテン」

遮光カーテンは、光をさえぎってくれるカーテンのことです。カーテン生地が厚いだけでなく、布地に特殊な加工を施すことにより光を遮断する効果があります。

遮光カーテンには1級、2級、3級があります。1級がもっとも光をさえぎるものとしてあり、次いで2級、3級の順番で遮光効果があります。1級は暗室で使用する場合や、外部からの光をまったく必要としないケースにおすすめです。そうなると1級は寝室に向いていますが、1級の遮光カーテンは暗い色合いや値段がとても高いことが多いです。メーカーの加工条件などによりちがいはあるものの、一般家庭の寝室なら3級カーテンでも十分に使うことができるでしょう。

2-2.UVカットカーテンもおすすめ

UVカーテンは、カーテンの生地に特殊な生地を織り込んで紫外線を防いでくれるものです。最近ではレースカーテンに多く用いられており、光は通すものの紫外線はカットしてくれるカーテンとして人気があります。紫外線カット率はカーテンにもちがいがあるものの、およそ80%のものが多いでしょう。

UVカーテンは主にリビングに使用すると便利でしょう。ふだんからいることの多いリビングでUVカットカーテンを使用すれば、日常生活における日焼けを防止してくれます。また、西日の強い部屋や朝日の当たる東南向きの部屋に設置するのも良いでしょう。UVカットカーテンを使うことにより、家具や畳も日焼けを防いでくれます。

2-3.遮熱カーテンも大活躍

遮熱(しゃねつ)カーテンは、熱をさえぎる効果があります。遮光カーテンと非常に似ていますが、遮熱カーテンのほうが熱をカットしてくれる効果が高いため、室内の温度上昇を防いでくれるでしょう。エアコンを使う部屋に設置しておけば、窓からの熱を遮断して効率よくエアコンの風を内部に送ることができます。

遮熱カーテンはレース生地にも使われていることが多く、光は通したいけれど熱は遮断したいといった方におすすめです。レースカーテンを遮熱にし、厚手のカーテンを遮光カーテンとして併用すれば、室内の気温上昇をさらに防ぐことができるでしょう。

2-4.エアコンの嫌な臭いも吸い取る!?消臭カーテン

消臭カーテンは、生地に消臭効果のある布地を織り交ぜて作っているカーテンです。これを使うことにより、たばこの臭いやペットの臭い、生ごみやエアコンの嫌な臭いまで消臭してくれるため人気となっています。ただ、すべての臭いを無臭化するのは難しく、ヘビースモーカーの人の部屋で使っても壁や窓に臭いが付くため、どうしても消臭効果には限界があります。また、選択回数を重ねるうちに消臭効果も薄れていくのが一般的です。

消臭カーテンは、似たようなもので抗菌カーテンと呼ばれるものもあります。花粉やウィルスを寄せ付けないものが多く、アレルギーがある人にとっては便利でしょう。夏のエアコンで巻き上げられたホコリが気になる人にもおすすめです。

2-5.部屋により使い分けるのがおすすめ

UVカット機能のレースカーテンは日焼けを防止してくれますが、基本的に生地の密度が高いため、あまり透けないものもあります。そのため、外の眺めをいつも見たいという人には不向きでしょう。ただ、透け感を重視しすぎると外からも部屋が丸見えで、プライバシーが保たれないというケースもあります。そのため、普段外から見られる機会が多い部屋はUVカット機能つきの厚手のレースカーテンを選んだり、外の景色を見たい部屋は薄手のカーテンを選ぶといった工夫をしましょう。

また、カーテンによっては内側からは見えるが外側からは透けにくかったり、夜でも部屋のなかのプライバシーが保たれるものもあります。使う人のライフスタイルに合わせた便利な商品がたくさんあるので、数あるカーテンから合ったものを選ぶと良いでしょう。

3.夏のカーテン、デザインや色はどうする?

240_F_141588511_mwtfp06LJ1QQyk2j5pkjV0JvlVscDtjq

夏のカーテンは、ある程度厚みがあって、遮光や遮熱してくれるものが良いということが分かりました。では、デザインや色はどのように選べば良いでしょうか。趣味に合わせた色合いを選ぶのも良いですが、カーテンの色合いは部屋そのものの雰囲気を大きく変えることもあります。

3-1.奥行きを出したいなら、清潔感のある白

壁紙の色は風水に関わるといいますが、実際に壁を多く覆っているのは窓やカーテンです。しかも夏の暑い時期や冬の寒い時期はカーテンをしめて窓を覆うことも多いため、壁紙よりも目にする機会が多いといえるでしょう。そのため、カーテンの色選びは実はとても重要なのです。

一般的に、部屋を大きく見せたい、奥行きを出したいとなれば、カーテンの色合いは淡いものが良いとされています。なかでも白やベージュは失敗することがない色なので、どの部屋にも合わせやすいです。純白のカーテンは汚れが目立つので、避ける人も多いかもしれません。しかし、白が基調となっているカーテンは部屋を落ち着かせ、清潔感もアップします。汚れが洗い時期を教えてくれるメリットもあるので、思い切って白のカーテンを取り付けるのもおススメです。

3-2.青で涼しさを演出

青いカーテンは、暑い夏に涼しげな印象を持たせ、部屋を落ち着かせてくれるでしょう。水色をはじめとしたナチュラルな色合いのカーテンは、ときには白よりも部屋を明るくしてくれる効果があります。また、遮光や遮熱といったカーテンも、最近ではナチュラル系の色合いが人気です。明るい色合いでも遮光効果は高いので、寝室などにも使えるでしょう。青いカーテンは冬には少々寒々しい印象となりますが、紺を基調にしたものであれば部屋がスッキリし、重々しさもありません。夏はライトブルー、冬は紺色など、季節によって使い分けるのもおすすめです

まとめ

240_F_79132066_0YlwcD3mMLOlmGf5qTBMILQl48CWccOS

部屋のインテリアとして活躍するカーテンですが、実は部屋の温度機能調節として活躍していることも忘れてはなりません。カーテンを適切に選び、適切に使うことによって冷暖房効果はグッとアップします。

とくに夏場の暑さは窓が原因になっていることが多く、遮光カーテンを使うことにより熱中症予防にも一役買ってくれるでしょう。今使っているカーテンを再確認し、遮熱や遮光、UV断熱効果はあるのかチェックしてみましょう。カーテンに機能をつけることにより、生活の質がワンランクアップしますよ。

 

昔のカレンダー「旧暦」を見て、月や季節の予定を組もう

生活をしていく上で、これからの予定を何かと参考にできるのが「旧暦」です。旧暦とは明治時代まで使われていた暦のことですが、昔の人たちの知識を侮ってはいけません。旧暦で設けられた季節は現代でも十分通じるものがありますし、吉凶にいたってはいまでも大きな行事を行う時の参考となっています。

いまや過去も未来もスマホやパソコンで検索すれば簡単に知ることができますが、旧暦を参考にすることに今後の予定を立てやすいメリットがあるようです。ここでは、旧暦を日常生活に取り入れることのメリットについて、詳しく紹介していきます。

1.そもそも旧暦とは?

240_F_162089948_xyk5YPVrZw9IKvChWd9piJ9dZV0AVwJJ

「旧暦」という言葉自体は、古い暦を示すためのものです。旧い暦だから旧暦、ではこの旧暦についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1-1.明治時代まで使われていたのが旧暦

旧暦とは、明治時代までに使われていた暦のことです。これは太陽の運行をもとに、日照時間などから決められた「二十四節気」が使われています。太陰太陽暦とも呼ばれており、現代とは違って1カ月が短く設定されているため、1年が13カ月になることもありました。

もう少し分かりやすくいうと、「1年間を24の季節に分けている」のが旧暦です。季節を表すのにふさわしい名称がつけられており、睦月、正月、初春、七草粥、といった名称はいまでもよく使われます。

旧暦の季節の考え方は、基本的に一月~三月が春となり、四~六月が夏、七~九月が秋、十~十二月が冬となります。こう見ると現代の季節より2カ月ほどずれいているかもしれません。ただ、1年間を24の季節に分けているため、これらを頼りに農作業が行われていました。現代でも気温の変化や農作業をするうえではとても参考になっています。

1-2.ユリウス暦とグレゴリオ暦

ちなみに、旧暦はユリウス暦とグレゴリオ暦をもとに作られています。ユリウス暦は歴史的にも古い暦となりますが、これは地球の周期を参考にして作られたものです。16世紀までユリウス暦は用いられており、このころからすでに「1年は365日と6時間弱」という認識ができていました。1年毎に6時間のズレが出るため、4年で1日分のずれが生じます。つまり500年前にはすでに「うるう年」が設定されていたのです。現代と違い、星や太陽の動きを見て学ぶことしかできなかった時代、1年毎に6時間のズレが出ることを発見できた昔の人の知識には驚かされます。

1-3.現在では新暦が使われている

現代では新暦が使われています。これは「地球が太陽の周りを1周する周期を1年」と定めた暦の考え方です。
地球が太陽の周りを1周する平均日数は、365日と6時間弱です。太陽暦のなかのグレゴリオ暦を参考とした考えであり、これにより現代使われているカレンダーができるようになりました。
ただ、新暦が使われている現代においても、旧暦が参考になることは多いです。たとえば旧暦には各六曜に「吉凶」が定められており、現代人もこれを意識して冠婚葬祭の日程をきめることが多いでしょう。

2.旧暦を日常生活に取り入れよう

240_F_16338709_w0TOtwO01G2e8iA6S4to8tP5JXpVhYLT

インターネットで調べれば何でも分かる時代ですが、来月の気温の変化などは正確に知ることは出来ません。旧暦を参考にして昔の人の知恵を借りることにより、生活に潤いをだすことできるでしょう。ここからは旧暦をみて季節感を感じることのできる和の暮らしについて紹介します。

2-1.旧暦を食事の参考にすると健康的!

昔の人は季節によって体に取り入れた方が良い食材を、多くの経験により知っていました。

たとえば寒さのピークである「大寒」が過ぎ、春の兆しが見えてくるのが「立春」です。立春は2月5日前後に設定されることが多いですが、この時期から一週間が経過したことに「七草」を迎えます。今ではスーパーで簡単に七草を購入することができましたが、旧暦の時代は野草として手に入るものでした。七草と呼ばれるセリやナズナといった7種類の草にはビタミンが豊富に含まれています。真冬の間に不足しがちなビタミンを七草がゆを食べることにより豊富に摂取することができるので、冷え予防、風邪予防といった健康効果に期待ができるでしょう。

2-2.そろそろ寒くなるのも旧暦で分かる

旧暦を見ることにより、これからの季節の移り変わりを肌で感じることができるでしょう。

寒の入りとよばれる「小寒」は、1月5日前後に設定されています。まさにこれから非常に寒くなる時期を予感しており、その15日後には「大寒」となります。小寒から大寒にかけては「寒中見舞い」を出す時期であり、この季語をしっておくことで寒さに対する対策や心構えもできるようになるでしょう。

旧暦の季語によりそろそろ真夏が来る、そろそろ涼しくなるといったことを予想し、衣替えや冷暖房器具の準備などもスムーズに行うことができます。

2-3.季節の行事も準備することができる

現代ではクリスマスやバレンタインといった、欧米由来の行事がたくさん行われています。しかし、「節分」や「お彼岸」をはじめとした古来からの伝統を守ることで、日本人らしい生活を送ることができるでしょう。

旧暦の季語をみてみると「節分」「彼岸」「八十八夜」など、日本古来の伝統的な行事がたくさんあります。これらは行事を楽しむことはもちろん、その時期の身体にあった食べ物や行いをすることができます。たとえば八十八夜は季節を知らせる雑節のことです。立春から数えて88日目の日を指し、毎年5月2日あたりがこの日に当たります。この日はとても涼しく快適な時期であることが多いため、農業においては種まきを始めたり、豊作を祈り神事が行われたりします。旧暦では何かしら意味のある季語がつけられていることが多いため、それを参考にして予定を立てると成功しやすいのです。

3.大きな行事は旧暦を参考にしよう!六曜のそれぞれの意味とは

240_F_118948450_TYO9tWjSC7uaQ2ksF4Jg2DubMWjhDqNX

現代において旧暦がもっとも活躍するのは「冠婚葬祭」といった行事ではないでしょうか。

旧暦には「六曜」と呼ばれる周期があり、各名称には意味があります。ここからは六曜である「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」について見ていきましょう。それぞれの意味、行って良いことや避けた方が良いものなど具体的に紹介します。

3-1.先勝

先勝は『せんしょう』『さきがち』『せんかち』などと読まれ、「何事も早く行うのがよい」とされています。

物事を急げば急ぐほど良いといわれており、そのため午前中は良いが午後は良くないとされている日です。具体的にいうと午後2時から6時までは凶とされています。

しかしどちらかといえば縁起の良い日に設定されているため、「車の購入」といったケースにおすすめでしょう。

3-2.友引

友引の意味は「何をしても勝負がつかず引き分けになるという日」です。

本来なら縁起の良し悪しはさほどつかない日なのですが、友引という字のごとく、災いごとを起こすと友人にも災いが転じるとも信じられ、お葬式を行うのは縁起が悪いと考えられています。

友引の日は朝晩は吉、昼は凶とされます。そのため引っ越しは朝か夕方に行い、昼間は避ける人もいます。また結婚式も行われることがありますが、友引の吉凶に配慮して昼間を避けるケースもあります。

3-3.先負

先負は『せんぶ』『せんまけ』『さきまけ』と読みます。名前の通りあまり良い日とは設定されておらず、急用や争いごとを避けたほうが良い日とされています。「急いては事を仕損じる」とのことわざ通り、急いで何かを行うのは避けた方が良いとされています。ただ、午前は凶、午後は吉とされているので、午後からであれば何かしら行っても良いかもしれません。

3-4.仏滅

仏滅は六曜のなかでももっとも悪い日とされています。すべてが凶とされる日であり、お祝い事などは一般的に避けられるでしょう。

ただし、仏滅は「物滅」として、それまでの物事が滅び、新しく始まる、という解釈をされるケースもあります。そのため、大安よりも結婚や引越しを行うには最適だと考えられるケースもあります。また、近年では仏滅だからこそ結婚式場や引越し費用が安くなる場合も多いです。気にしない人にとってはメリットが高い日かもしれません。

3-5.大安

大安は「大いに安し」の意味であり、六曜のなかで最も吉とされる日です。一日を通じて縁起が良い日とされるため、結婚式や引越しなども積極的に行われることが多いでしょう。

また、新しいものごとを始めるにも最適な日とされています。そのため、各地域では大安に合わせてお祭りを行っていることもあります。

3-6.赤口

赤口は『しゃっこう』『じゃっこう』『せきぐち』などと読みます。どちらかといえば凶とされる日であり、正午のみ吉とされています。

由来は陰陽道の「赤舌日」といわれており、現代ではあまり気にする人はいませんが、昔は羅殺神が支配する日とされて、不吉な日と捉えられていました。また赤口という赤い漢字が入っていることから、火災には気をつける日ともされています。

まとめ 

240_F_218140936_p21qJB8IGCm0UI0VhZ8XYEzygW7eq3jV

大安や仏滅という言葉はよく聞くことがありますが、深い意味までは知らなかったという人も多いと思います。あまりにも運気をそこに合わせる必要はないものの、大きな行事があるときは旧暦の六曜を少し意識してみるのも良いでしょう。

また、旧暦は参考にすることで気温や気候を先取りし、それにあわせて予定を立てることができます。そして準備を整えることにより、体にも環境にも負担の少ない暮らしができるでしょう。これからは生活に旧暦を意識して取り入れ、季節の移ろいを肌で感じる生活を送っていきましょう。

 

家族みんなが朝までぐっすり エアコン+αで作る心地よい寝室

真夏の寝苦しい夜、エアコンのことで揉めたことはありませんか?夫婦や家族における寝室のエアコン体感温度差は、それぞれに差があります。一般的に男性は暑がりで、女性は冷えすぎが辛いものです。夜中に何度も起きてはエアコンのスイッチを入れたり切ったりするのは、寝不足にもつながるでしょう。朝までぐっすりと眠ることができるエアコンと寝室の関係はどのようなものが理想なのでしょうか。

1.寝室にはエアコンが必須!?

240_F_158321533_wEHzQByFy0JIiWP2xUFBabkqVnG5n2AZ

昔は東北地方といった夏でも涼しい場所では、エアコンが付いていない家もたくさんありました。しかし温暖化が進んだ現在、北海道でもエアコンのある家は増えています。毎日寝る寝室においても、エアコンは完備してあったほうが良いのでしょうか。

1-1.人数が多い場合、高齢者がいる場合はエアコンがあったほうが良い

寝室にエアコンがなくても、工夫次第で寝ることは可能です。しかし、寝室に寝る家族が多かったり、高齢者がいる場合は、エアコンがあった方が良いでしょう

私たちは寝ている間にたくさんの水分と熱を放出しています。たとえば寝室で4人家族が寝ている場合、4人それぞれが放出する水分や熱で部屋の気温と湿度が上がり、それが原因で熱中症になってしまうケースもあるのです。また、高齢者の場合はのどの渇きに気づきにくいことが多く、寝ている間に熱中症になってしまうケースがあります。こうした場合は寝室にエアコンがあった方が、安全で快適に眠ることができるでしょう。

1-2.寝室サイズのエアコンならそれほどコストは掛からない

寝室にエアコンを設置したくても、なかなかエアコンが高くて購入できないという人もいるかもしれません。最新型エアコンのなかには価格が数十万円もするケースもあり、二の足を踏む気持ちも分かります。

しかし、寝室の多くは6畳程度のことが多く、設置するエアコンも6畳用のもので十分です。そうなると価格もだいぶ抑えられることが多く、設置費用も含めて10万円以内に収まることがほとんどでしょう。初期投資をがまんして寝苦しい夜を過ごすか、思い切って投資して夏の夜を快適に過ごすか。健康的な睡眠を考えたら、後者の方がおすすめといえます。

2.寝室とエアコンの上手な使い方

240_F_107352758_koHoJiIwSCPFZRHOKhXKZDgdURww5eYg

夏の夜を快適に過ごすには、なにもエアコンをつければそれでよし、ということではありません。エアコンの使い方によっては寝冷えを起こし、冷え性にもつながってしまうでしょう。ここからは、寝ている間のエアコンとの使い方についてポイントを紹介します。

2-1.扇風機と併用する

エアコンをつけて寝ると「寝冷え」をする人が多いようです。これは単に設定温度が低いだけではなく、冷風が直接体に当たっているということがあるでしょう。それを防ぐためには「扇風機」を用いるのがおすすめです。

寝ている間に扇風機を微風に回し、首振り機能をつかって部屋全体に空気の流れを作ります。こうすることによりエアコンの冷風が部屋にまんべんなくいきわたり、直接体に冷風が当たることを防いでくれるでしょう。エアコンの風の向きは上向きが良いともいわれていますが、扇風機を併用すればエアコンの風を部屋の中にかき混ぜることができるため、それほど向きを気にする必要もありません。また部屋全体に冷風をいきわたらせることで部屋が冷えるため、エアコンの省エネにもつながります。エアコン+扇風機を使ったほうが、電気代が少なくなるケースも多いのです。

2-2.寝具を工夫してみる

夏用の寝具は「冷感シーツ」といったものがあります。こうした寝具を使うことにより、エアコンの設定温度を高めにしても、気持ちよく眠れるようになるでしょう。また冷感のある寝具だけでなく、汗を吸収してくれる綿や麻、レーヨン素材のものを選ぶこともおすすめです。シーツだけではなく、最近では掛布団も夏用の寝具があります。エアコンをつけて掛布団をかけないと、体を冷やしすぎる危険性があるため、掛布団は必須でしょう。汗を吸いやすく、冷感もある掛布団なら寝ている間も暑いと感じることはすくないです。

また、枕カバーやパジャマも夏に合った素材をえらび、肌なじみのあるものをえらびましょう。とくに夏のパジャマはTシャツに短パンといった格好で寝てしまう人も多いのですが、良いパジャマを選ぶと眠りにつきやすいともいわれています。毎日着るパジャマだからこそエアコンの冷えから守り、汗をしっかり吸収してくれる素材を選ぶのが大切です。

2-3.お風呂に浸かるのもポイント

夏は夜だけでなく、日中もエアコンの冷えにさらされることもあります。とくにエアコンの冷風が体にダメージを与えることが多く、入浴中にしっかりとお湯につかることが大切です。これにより自律神経を整え、免疫力をアップさせることができるでしょう

おすすめの入浴方法は、38~40℃のぬるめのお湯に20~30分つかることです。全身の血行循環が良くなり、汗をかくことで老廃物が外に排出される効果があります。またお湯につかったあとは徐々に体温が下がるため、寝室に入ることには気持ちよく寝入ることができるでしょう。寝る前の30分前には入浴を済ませておくことがポイントです。

2-4.エアコンタイマーは長めに設置する

電気代がもったいないからと言って、夜のエアコンタイマーを1時間程度にしていませんか?

人は寝付いて深い眠りにつくまで3時間ほどかかります。この間にエアコンを止めて寝苦しい気温に上昇してしまうと、寝付いても浅い眠りになって睡眠不足になってしまうのです。そのため、エアコンのタイマーは4時間ほどつけておくのがおすすめです。エアコンでかかる電気代は、機種や部屋の状況によってちがうのではっきりということはできませんが、1時間でおよそ5円~20円と言われています。ただ、つけたはじめた1時間が最も電気代がかかるため、エアコンをつけたり消したりする使い方は最も電気代がかかるでしょう。夜中に寝苦しくて何度もエアコンをつけるのであれば、タイマーを長時間つけて安定させた運転のほうがランニングコストは掛かりません。

3.まだまだある!エアコンと寝室、使い方のポイント

240_F_33836932_WSFOHTwFUJvm6V5cYMayB340pkR3uJHH

快適に眠るには、暑さを我慢せず適度にエアコンを使うのがポイントです。エアコンと寝室の関係をもう少し見ていきましょう。

3-1.あらかじめ部屋を冷やしておく

部屋自体に熱がこもっていると、寝るときにエアコンをつけてもなかなか部屋が冷えないことがあります。また、壁や天井、寝具にも熱はこもっており、エアコンで冷やすには30分ほど時間が必要になります。

そのため、寝る直前にエアコンをつけるのではなく、なるべく寝る30分前にはエアコンをつけて寝室を冷やしておきましょう。部屋が冷えておけば寝るときの設定温度はそれほど低くなくても対応できます。また、寝室で寝る人数が多い場合は湿度が上がるケースも多いので、冷房機能ではなく「除湿機能」を使っても良いでしょう。

3-2.寝室は日中カーテンをしめておく

みなさんは昼間の寝室をどのように使っていますか?

空気の入れかをするために窓を開けておく、日差しを取り入れるためにカーテンをあける、そうして寝室に光や風を取り入れている家庭も多いかもしれません。しかし、日中光や風を寝室にいれておくと、部屋の気温はぐんぐん上がります。マンションの最上階や木造の2階といった場所だと、外気温が35度の日は40度近く上がってしまうケースもあるのです。

日中特に寝室を使っていないのであれば、昼間は遮光カーテンをしめて、寝室の気温を下げておくことがおすすめです。夜間にエアコンをつける際も、部屋の気温が35度あるのと、30度の場合では、電力消費がだいぶ違い、部屋を冷やすスピードもかなり変わってくるでしょう。

3-3.氷枕や保冷剤を使用する

最後に、どうしてもエアコンが苦手な方や、エアコンをつけてもなかなか暑くて寝苦しいといった方にお勧めの方法です。

氷枕は昔から暑くて寝付けないときに用いられている方法です。単純に氷をビニールに入れて枕代わりにするやり方もありますが、いまでは「氷枕グッズ」といった便利な商品がたくさんあります。これらは冷蔵庫で冷やして使ったり、商品がそもそも冷感でそのまま使えたりします。適度に体温を放出させて睡眠に導入させてくれるため、なかなか暑くて眠れないといった方にはおすすめです。

また、タオルを巻いた保冷剤をわきにはさんでおくと、体の体温をスピーディーに下げてくれます。エアコンが故障したとき、どうしてもエアコンを使いたくない時など、保冷剤を使って体を冷やしてみるのも良いでしょう。

まとめ

240_F_108346801_Xmc68GSFKNLW5YyrviQdXZ2zVHamWzqt

エアコンをつけっぱなしで寝るのは良くない、昔はそのようにいわれてきました。しかし温暖化が進んで夜間でも30度を超える熱帯夜が珍しくない現代、エアコンなしで眠るほうが危険なこともあります。

エアコンをつけて寝るときは、扇風機を併用する、あらかじめ部屋を冷やしておく、寝具を工夫するなど、多少の工夫をするのが大切です。これにより体の冷え過ぎを守り、しっかりと眠れるようになるでしょう。夏バテや睡眠不足を起こさないためにも、夜間はエアコンとうまく付き合うことが大切です。

非常時もあわてない ペット一緒に災害を乗り切るための備えとは

大きな地震や雨による災害が各地で起きています。災害時に避難が必要になった時の心配事の一つは「ペットの安全」です。非常時には人命が第一とされ、ペットは二の次とされるのが現状でしょう。ですが、不安な心を癒してくれるのもペットの存在といえます。いざという時をペットと一緒に乗り切るための備えを、もう一度見直しておきましょう。

 

1.災害が起こる前に、ペットにしてやれることとは

240_F_158353605_7pRSa9kmU5hNbYfdhNrYrN7W0UeeZd8W

災害はいつどこで起こるか分かりません。急に起きた災害時にパニックを起こしてしまう人も少なくないでしょう。そんなときにペットがいたら、なおさらどうすればよいかわからないかもしれません。災害がいつ起きてもおかしくない時代、まずはペットにしてやれることを考えておきましょう。

1-1.ペットに防災訓練はできない

人の場合、いざという災害に備えて防災訓練をすることができます。学校や職場といった集団で人が集まるところでは避難訓練が義務付けられていることも多く、いざというときにどこへ逃げてよいか、何を持ち出すべきかなど、あらかじめ学ぶことができます。

しかし、犬や猫といったペットの場合、防災訓練をすることはできません。しかも、地震の揺れや大きな音といった状況にあった場合、驚いて倒れた家具の隙間に入り込んでしまったり、呼びかけに対応しなかったりすることもあるでしょう。そうしたことがないように、普段からキャリーバッグやクレートなどを安全な場所と認識させておくことが大切です。つまり、普段から呼びかけに対してしっかりと対応する、主人の言うとおりに行動するといったしつけをしておくことが、災害時にもペットの安全を守ることにつながります。

1-2.避難所を確認しておく

あなたは、災害が起きた時に逃げ込む避難場所を知っていますか?大地震や津波などの災害が起きた時、家にいては危険な場合もあるでしょう。そうしたときは、近くの避難所に逃げる必要があります。

しかし、避難所の多くは「ペット禁止」とされていることが多いでしょう。ならば避難所を知っておいても意味がないかもしれません。しかし、避難所のスペースによっては「駐車場スペース」があるかないかでペットと行動を共にとれるか変わってきます。公民館のようなスペースでは駐車場が利用できないケースが多いですが、広い敷地のあるスペースの避難所では、駐車場があってそこにペットと一緒に滞在することも可能でしょう。いくつかの避難所をピックアップし、なるべく駐車場スペースが利用できるような避難所を把握しておくことが大切です。

1-3.迷子札をつけておく

ペットに日ごろから「迷子札」をつけておくのもおすすめです。これは災害が起きてから慌ててつけても意味がありません。いつもとは違うものをつけられたペットが余計パニックになる可能性もあります。

災害が起きると、人間以上にパニックを起こすペットも少なくありません。迷子札をつけておくことで、勝手に逃げ出したペットが戻ってくる可能性は高くなります。多くの人にペットの情報を与えることは、飼い主に連絡が来ることにもつながり、ペットが迷子になることを防ぐことができるでしょう。ペットグッズにはコンパクトに首輪につけられる迷子札もあるので、普段から利用しておくと便利です。

2.ペットの災害対策とは 

240_F_211974200_XaYzX0kuJf04TDmujw8oyQEuWReFGPTe

ペットは人と同じように、生活をするうえで日常生活に欠かせないものがたくさんあります。食料、水、エチケット袋など、災害が起こる前に事前にしっかりと防ぐことで、いざという時も安心して行動することができるでるでしょう。

2-1.あらかじめ準備しておきたいものリスト

ペットの防災対策としてあらかじめ用意しておきたいリストは次のようなものです。

  • ペット用フード
  • ケージ、キャリーバック
  • タオル
  • 新聞紙

ペットフードや水は一週間分のストックがあると安心です。普段から一袋分ほどストックしておき、消費期限の近いものから使うようにします。そしてケージやキャリーバックは、いざというときに潜り込めるものとしてペットに慣らしておく必要があります。災害時にだけ使うといったことは難しいでしょう。普段から掛け声とともにしっかり入るようにしつけておけば、災害時にもケージで移動することが可能でしょう。

タオルや新聞紙はペットの糞を片付けるときに使えますが、「寒さ対策」としても有効です。地震が起きる時期はなぜか寒い時期が多く、暖房のきかない避難所ではペットも寒がることがおおいです。ペットがいる場所にタオルや新聞紙を敷くだけで、だいぶ防寒対策になります。この二つは人の防災グッズでも何かと役に立つでしょう。

最後に薬は、普段何か飲み薬があれば常備しておきたいアイテムです。大災害ではペットの病気やケガよりも、人命が最優先になります。動物病院がすぐにみてくれるといったケースは少ないため、普段から常備薬を用意しておくことも大切です。

2-2.人間の分とは別にペット用非常持ち出し袋を用意する

災害時に備えたペット用品は、人のものとは別に用意しておく必要があります。丈夫な袋に一式詰めて玄関などに置いておけば、いざというときも持ち運びが便利で役立つでしょう。先ほど紹介したリストのものを入れておくのはもちろん、ペットによっては以下のものを入れておくひつようもあります。

  • おりたたみ食器
  • 動物用ウェットティッシュ
  • フンの処理袋
  • 病歴、注射履歴が掲載された書類 など

また、ペット用非常持ち出し袋はネットやペットショップなどで売られていることも多いです。なかには非常用アルミブランケットやペットシーツ、記録カードといったものがしっかりとそろっています。犬用や猫用に分かれた非常用袋もあるので、用途によって購入しておくと便利でしょう。

3.災害時に注意したい、ペットがいるときの行動

240_F_206439077_RRkogrbvPneAjoaamJ3jiovOBApGNLGf

いざ災害がおきると、ペットを連れての行動は範囲が狭まれることもあります。自分にとっては大切なペットでも、周りの人にとっては迷惑になってしまうこともあるのです。まずは災害が起きた時にどう行動すべきか、あらかじめシミュレーションしておく必要があります。

3-1.ペットの飼い主がしてはいけない、災害時の行動とは

災害の規模が大きいほど、ペットの飼い主がやってしまうNG行動があります。それは以下の2点です。

・犬を家に残して、家族だけで避難
・犬を放してしまう

災害が起きて避難勧告などが出た場合、あわててペットを家に残したまま家族で避難する人も多いです。しかし、災害によっては家が倒壊したり、押し流されたりする可能性もあります。また、家にペットを置いて「とりあえず出てきた」という場合も、実は一度家を出ると戻るまで数カ月かかるといったケースもあります。大事なペットを守りたいのであれば、まずは一緒に行動したほうが良いでしょう。

そして、災害状況が過酷な場合、とりあえず犬を放し飼いにして避難するケースもあります。これは、あまりにも差し迫った危険のときは仕方ありません。ただ、放し飼いにした犬と再び会えるケースは少なく、時間が経つにつれ野犬になってしまい、最終的に殺処分になってしまうケースもあるのです。やはり避難をするときは、なるべくペットと一緒に行動を共にするようにしましょう。

3-2.避難所では挨拶を欠かさず、コミュニケーションを大切に

ペットを飼う人が増えている現在、避難所によってはペットも同伴できる場所があります。しかし、ペットを飼っていない人にとっては、ペットの鳴き声やフンが迷惑になることもあるでしょう。

ペットと一緒に避難する場合、周りの人に必ず一声かけ、常にコミュニケーションをとるように努力しましょう。愛想のよい飼い主と、あいさつもない飼い主では、周りからのペットに対する考えも変わってきます。周りに配慮した対応がとれる飼い主であれば、そのペットが避難所にいる多くの人の癒しになるケースもあります。

また、同じように避難所でペットを飼っている人と連絡を取り合うことも大切です。いざというときに相談にのってくれたり、ペットを預かってくれる存在にもなったりするので、避難所での人間関係はとても大切です。

まとめ 

240_F_190796256_WIPiI7jvnkE5INmV3OaJOOUHyZzCnVJ9

多くの人が行きかう避難所では、ペットは邪魔と感じられてしまうこともあります。そのようなことがないよう、普段から吠えクセをなくしたり、ケージにしっかり入るよう訓練しておくことが重要です。

また、予防注射をしっかり打っておくことは、災害時の混雑時においても伝染病を防ぐことになります。ワクチンを打っておかなかったために、ペットが伝染病になってしまうケースもあるでしょう。災害に備えるためにも、定期的なワクチン接種は欠かせません。

災害はいつ起きるか分かりません、いざというときに慌てないためにも、ペットには普段から基本的なしつけを覚えさせ、ペット用の防災グッズをしっかりと備えておきましょう。

 

 

重曹よりも汚れが落ちる セスキ炭酸ソーダの使い方

「普段からこまめに掃除をしていれば、強い洗剤は使わなくてよい」そんな話をよく見聞きします。しかし、頭ではわかっていても、ヤカンについた油汚れやシンクの排水溝の汚れなどは、つい見なかったことにしていませんか?

たまった汚れを落とすには、洗浄力の強い合成洗剤を使えばよいでしょう。でも、体や自然のためには優しい洗剤を使うのがベストです。そんなときはセスキ炭酸ソーダがおすすめです。今日は、セスキ炭酸ソーダの使い方やそのメリットについて詳しく紹介します。

1.まずは定番の掃除洗剤を見ていこう

240_F_182213296_HZoZeTTAyahr850TLNPwzQmlZP4fhZOo

セスキ炭酸ソーダが話題になったのはここ数年です。それまでは「重曹」や「お酢」といった掃除洗剤が主役でした。いまでもこれらの掃除洗剤は使われていますが、セスキとの違いや、何の掃除に対して使った方が良いのかは、あまり知られていません。では体にやさしい掃除洗剤について順番に見ていきましょう。

1-1.自然派洗剤の代表「重曹」の使い方は?

重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、もともと人体にある物質なので安全性が高いとして有名です。掃除洗剤だけでなく、入浴剤や胃腸薬などとして昔から使われてきました。弱アルカリ性でなので、酸性である「油汚れ」に強いです。そのため、換気扇フィルター、ガスレンジの周り、電子レンジの汚れなど、基本的にキッチンの油汚れに使うと良いでしょう。

また、洗濯の際にも役立てることができます。いつもの洗濯に重曹大さじ1~2を加えるだけで、洗濯物がふっくらとなり、柔軟剤代わりになるでしょう。デメリットは弱アルカリ性のため、とても頑固な汚れは落とせないことが多いです。また、アルミや銅といったものに使ってしまうと、茶色に変色することもあります。

1-2.お酢やクエン酸は水垢に強い

お酢は食品として使われており、臭いがキツイものの、安全性のある掃除用具としても活用されています。そもそもお酢には酢酸(さくさん)とよばれる酸性の性質を含まれており、これが雑菌を抑える効果があります。洗面所やお風呂、キッチンなどの水垢汚れに効果的でしょう。重曹は油汚れに強いですが、お酢の場合は水垢です。お風呂を掃除することでピカピカにし、雑菌を予防するためカビ予防にもなります。

お酢の弱点は、塩素系の洗剤まぜてしまうと危険性が生じることです。シンク汚れに有効ですが、排水溝に塩素洗剤などがおいてあると、有害物質が発生することもあり注意が必要です。また、クエン酸もお酢と同じ作用であり、お酢とは違い無臭です。臭いが気になる方はクエン酸を水で薄め、掃除洗剤として使うと良いでしょう。

 

1-3.今注目の過炭酸ナトリウムとは

過炭酸ナトリウムは、炭酸ソーダと過酸化水素が混在してできたものです。酸化力が強いため、漂白剤や除菌剤、消臭剤などに使うと効果があります。ただ、重曹やお酢と違い、食べてしまうと腹痛の原因にもなります。小さなお子さんがいる家庭では注意が必要でしょう。しかし、使ったあとは炭酸ソーダと酸素、水に分解するため、環境に負荷をかけません。そうした意味では自然にやさしい洗剤といえるでしょう。

過炭酸ナトリウムは100円ショップなどでよく売っており、カビやしつこい汚れをみるみる落とす力があります。衣類の汚れや染みをきれいに落とせるため、洗濯時に洗剤代わりに活用しても良いでしょう。また、洗濯槽クリーナーとしても使え、一度試すとカビ汚れが目に見えて落ちていくでしょう。

2.セスキ炭酸ソーダの使い方 

240_F_195958470_edV26fxmJ4eND38DicgVA5XLOdWyg4kA

上記で紹介した洗剤は、使いやすいものの「頑固な汚れには落ちにくい」といったこともあります。そこで近年注目されているのが「セスキ炭酸ソーダ」です。これは重曹と同じアルカリ性であり、人体に触れても害はない洗剤として人気があります。では、セスキ炭酸ソーダの使い方やメリットについて見ていきましょう。

2-1.そもそもセスキ炭酸ソーダとは

セスキ炭酸ソーダは、「炭酸ソーダ」と「重炭酸ソーダ」によってできているものです。重曹に比べるとアルカリ濃度が強いため、重曹よりも強力に汚れを落とすことができます。しかし、洗浄力がありながら、手荒れの心配は少ない適度なアルカリ濃度であるため、子供から大人まで安心して使うことができるでしょう。自分でセスキ炭酸ソーダを作るのは難しいですが、ドラッグストアや100円ショップなどで手軽に購入できます。常温で長期間保存が可能であり、使った後も色落ちの心配や跡が残るといったことはほとんどありません。界面活性剤よりも環境に優しく、使いやすい洗剤として人気があります。

2-2.セスキ炭酸ソーダはこんな場合に便利!

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性なので、油汚れなどの酸性に対して効果を発揮します。油汚れは重曹が効果的ですが、重曹よりも洗浄力が高いのがセスキです。そのため、重曹で落とせなかった汚れにセスキ炭酸ソーダが活躍できると覚えておくと便利でしょう。

また、タンパク質などの皮脂汚れや血液汚れ、手垢汚れにも対応しています。ドアノブや取っ手、各部屋のスイッチ部分などにセキス炭酸ソーダをかけてからしっかり拭くと、ピカピカにすることができます。プラスチック容器やお弁当につかうシリコンカップなども、洗う前にセキス水をかるくスプレーすれば、より油汚れをしっかり落とすことができるでしょう。その他にも水垢を落とす効果もあるので、窓ガラスや鏡の拭き掃除にも使うことができます。

2-3.セスキ炭酸ソーダのメリット、デメリット

セスキ炭酸ソーダのメリットは「使いやすく」「汚れがすぐに落ちる」ことです。重曹と同じように安全性は高いうえに、重曹よりも汚れを落とす力は強いです。また「無香料」なのも使いやすいポイントです。市販の強力洗剤は汚れが落ちやすいものの、洗剤独特の匂いが強いこともあるでしょう。余計な香りがせず、また泡立つこともないため、使ったあとはかるく拭くだけで掃除が完了します。

一方でデメリットは「激しい泥汚れには対応しない」「肌が弱い人は手荒れの可能性がある」ということです。セスキ炭酸ソーダは多くの汚れを落としてくれますが、あまりにも凄まじい服の泥汚れには対応できません。洗濯時に使うこともできますが、真っ白な靴下に激しい泥はねといった衣類をきれいにすることは難しいでしょう。また、洗浄力が強いため、肌にやさしい原料であっても、人によっては肌荒れを起こすこともあります。そうした場合は手袋をして使うようにしましょう。

 

3.セスキ炭酸ソーダは掃除以外でも使える

240_F_197607168_gkZ2FpcJ26grjxxrmHT0qmBg9PvebjV8

台所の油汚れ、洗面台やお風呂の水垢汚れに万能のセスキ炭酸ソーダですが、実は掃除以外にもたくさんの用途があります。では、それらの具体的な使い方について見ていきましょう。

3-1.皮脂汚れにも対応!洗濯時にも便利

セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすくて油汚れや皮脂汚れも落してくれます。そのため、洗濯のときに使っても良いでしょう。

基本的な使い方としては、水30ℓに対し、小さじ2杯~大さじ1杯程度のセスキ炭酸ソーダを入れて、洗濯をします。このとき、洗濯洗剤は入れる必要はありません。たくさん入れてしまうと洗濯物がべたつくので注意が必要ですが、すすぎ1回でしっかりと洗いあげることができます。

また、ワイシャツの襟や袖の汚れは皮脂汚れが目立つ場所ですが、ここでもセスキ炭酸ソーダが活躍します。気になる箇所にセスキのスプレーをかけ、放置した後ブラシなどでこすりましょう。その後洗濯をすればきれいに汚れを落とすことができます。また、セスキ炭酸ソーダは消臭効果もあるので、臭いが気になる衣類をセスキ炭酸ソーダでつけ置きしておくと、臭いが取れやすくなります。

3-2.入浴剤としても使える

重曹が入浴剤として活躍できるように、実はセスキ炭酸ソーダも入浴剤として使うことができます。セスキ炭酸ソーダは市販の入浴剤に使われていることが多く、身体を温める効果もあるのです。

使い方はいたって簡単であり、貯めたお風呂に大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜるだけです。いれることでお湯が柔らかくなり、肌触りが良くなります。皮脂汚れを落としてくれる効果もあるので、肌がツルツルになるでしょう。

しかし、肌の弱い人には刺激が強いこともあります。はじめて使う際には、少量ずつ試してみると良いでしょう。

まとめ 

240_F_107201461_lzTa35YHYRZYDzAgEiVdT7gV4xjoDwBp

セスキ炭酸ソーダが売り出されたころは、そのあまりの使いやすさに品切れが続出しました。現在では100円ショップなどでも簡単に購入することができ、家庭に1本あれば掃除のときになにかと便利です。

セスキ炭酸ソーダは、無臭であり、低刺激のため子供からお年寄りまで安心して使うことができます。水垢やカビ予防にもなるため、浴室においてこまめに使えば、日頃から清潔なお風呂に入ることができるでしょう。重曹でも十分汚れを落とすこともできますが、重曹では対応できない頑固な汚れに、セスキ炭酸ソーダはとても役立ってくれます。

 

梅雨に気になる洗濯物の生乾きの匂い 失敗しない部屋干しのコツとは

 

6月の梅雨時期になると、洗濯物を部屋干しをする人が増えてきます。新しい家では浴室乾燥機がついていたり、ドラム式洗濯機にも乾燥機がついていたりしますが、毎日それを使ってしまうと電気やガス代がとても高くなってしまうでしょう。そのため、便利な乾燥機がついていても、あえて部屋干しをする人も増えているようです。

ただ、部屋干しにはいくつかの注意点もあります。ここでは、部屋干しを上手に行うコツや、梅雨時期の洗濯物の対応方法など、詳しく紹介します。

1.梅雨時期の洗濯物、どうしてる?

240_F_124199414_7rb1bPB9N7Eiu6jAH8UkyBYEBWxfVgvS

浴室乾燥機やドラム式洗濯機での乾燥、そうした便利な機能がある家は梅雨の洗濯物もさほど困らないでしょう。しかし、そうした機能がなかったり、電気代が気になったりするする場合は、自分で雨の日の洗濯物を対応しなくてはなりません。多くの人は梅雨の洗濯物をどう対応しているのか調べてみました。

1-1.梅雨の時期はどうしても部屋干しになる

梅雨の洗濯物で一番多かった対応が「部屋干し」です。ただ、部屋干しは「臭いがこもる」「部屋の湿度がたまる」といったお悩みが多いようです。しかし梅雨以外でも、マンション自体がベランダに干すのを禁止していたり、洗濯物を他人に見られるのがイヤだったりして、あえて部屋干しする人も増えてきました。そのため、天候に関係なく部屋干しをする人は、いまや全体の20%にものぼるといわれています。そうしたことから、近年では「部屋干し専用洗剤」や「洗濯物を早く乾かすサーキュレーター」などが増えてきました。こうしたアイテムにより、部屋干しの洗濯物の悩みはだいぶ解消されてきています。

1-2.まとめて洗うのはおススメできない

ところで、朝から雨の日だと「今日は洗濯物を辞めておこう」と考える人はいませんか。翌日、確実に晴れるのであれば、次の日にまとめて洗っても良いでしょう。しかし、雨の日がしばらく続くなら、洗濯物は毎日少量ずつ洗うのがおすすめです。

洗濯物の量が多いと、干すときにどうしても重なってしまいます。ただですら乾きにくい部屋干しなのに、重ねてしまうとますます乾きにくくなるでしょう。梅雨の時期こそ、洗濯物はこまめに毎日洗った方が良いのです。毎日少量ずつ干すことにより、部屋干しでも洗濯物が乾きやすくなります。

1-3.コインランドリーは増えてきたけれど…

梅雨の洗濯に強い味方が「コインランドリー」です。最近ではその数もどんどん増えており、オシャレなカフェ風のコインランドリーなども増えてきました。

しかし、コインランドリーは全ての地区にあるわけではなく、なかにはコインランドリーに駐車するための渋滞ができる地域もあります。梅雨の時期は混みすぎて、利用に2時間以上待つケースも少なくありません。また、乾かした大量の洗濯物を家に運ぶには、どうしても車が必要です。運転できない人にとっては、コインランドリーはあまり実用的ではないでしょう。

ただ、近年「コンビニ」と「コインランドリー」が提携して店舗を増やす計画が出ています。コンビニにコインランドリーがあれば、通いやすくて何かと便利でしょう。これからの発展に期待したいところです。

2.梅雨時期の洗濯物 コツを覚えて上手に干そう

240_F_64716057_2aiT1r3i93wOy2LwMKtTd5vPkfbcgE7Y

梅雨の洗濯物は、結局部屋干しをするのが一番合理的です。しかし、部屋干しは何かとトラブルもあります。ここからは、部屋干しをする際のコツについて見ていきましょう。

2-1.洗剤の入れすぎはNG!

洗濯物を部屋に干すと、「臭いがこもる」ということがあります。これは換気ができていなかったり、干す量が多すぎることも原因なのですが、洗剤の入れすぎが原因になっているケースもあります

最近の洗剤は泡が立ちにくく使う量も昔に比べるとほんの少しです。きれいに洗える気がしないと思って多めに入れてはいませんか?実は洗剤を多く入れてしまうと、水に溶けきれなかった洗剤がずっと残り、黒カビの原因になります。これが皮脂汚れと一緒になり、悪臭菌の原因になってしまうのです

洗剤はたくさん入れたからといって、汚れがたくさん落ちるわけではありません。むしろ悪臭のもとになったり、カビとして衣類に蓄積されてしまったりするので、かならず適量を使うようにしましょう。

 

2-2.部屋干し専用の洗剤や、酸素系漂白剤を使うのもおすすめ

最近ではほとんどのメーカーが「部屋干し専用」の洗剤を売り出すようになりました。これは通常の洗剤よりも消臭除菌成分が入っていることが多く、湿度がこもってしまう部屋に干しても、臭いの発生を抑えてくれます。

また、今使っている洗剤を使い続けたい場合は、それにプラスして「酸素系漂白剤」をいれましょう。汚れ落とし効果が加わるのはもちろん、除菌の作用が強くなります。酸素系漂白剤を使うと、匂いの原因であるバクテリアの繁殖を抑えることができるため、悪臭菌を防ぎ、洗濯槽のカビ予防にもなるでしょう。ちなみに、酸素系漂白剤は液体よりも粉末の方が効果が高いです。

2-3.寝室に干すのはNG!

部屋干しの際に注意したいのが「どこに干すか」という点です。

リビングは邪魔になるので、日中いることが少ない「寝室」を考える人もいるでしょう。しかし、寝室はベットや布団がある場所であり、そこに洗濯物を干すのはよくありません。洗濯物は乾くものの、布団が湿気をすいこんでしまうのです。

部屋に洗濯物を干すと、その部屋に3リットルもの水を撒いているといわれます。寝室に干すと、布団に3リットルの水を流しているのと同じになってしまうのです。これは恐ろしいですね。

一般的にはリビングに部屋干しをする人が多いですが、リビングでも「カーテンレールには干さない」「窓際に干さない」ということが重要です。そのあたりに干すと、カーテンがカビはじめ、窓にも黒カビが発生し、結露の原因になります。リビングに干す際は部屋の真ん中に干すようにして、窓を2箇所あけて風通しを良くしましょう。扇風機を使って空気をあて、窓を開けて換気扇を回す方法も良いでしょう。

2-4.お風呂場や廊下に干すのもおすすめ

部屋干しの場所でおすすめしたいのが「お風呂場」や「廊下」です。まず、お風呂場はもとから湿度が高くても耐久性が良いように設計されています。洗濯物を干すことで多くの部屋はしめってしまいますが、お風呂場なら換気扇を回すことで効率よく換気ができ、サーキュレーターなどと併用することで乾きやすくなるでしょう。

また、廊下スペースに干すのも良いです。動線の邪魔にはなりますが、廊下は風通しが良いように設計されており、ドアや窓を開放することにより、湿度を外に逃がしてくれます。

3.梅雨の洗濯物、覚えておくと便利な裏技

240_F_142898981_HfZGyoQ7wdVz3y2RvnzpGFEGI6dvSnKa

梅雨の洗濯物は、ただ干すだけだとなかなか乾かないこともあります。ここからは、覚えておくと便利な裏技を紹介します。

3-1.脱水を2回かける

ほぼすべての家で、洗濯物を洗う時は全自動で行っていると思います。梅雨の時期は洗濯が終わったらもう一度脱水をかけてください。たいていの場合1分、3分、7分といった細かい脱水設定ができるので、長くても3分以内の脱水をもう一度かけると、洗濯物の水分をだいぶ飛ばすことができます。ただ注意したいのは、デリケートな衣類は取り出してから行うことです。脱水をもう一度かけるだけで、洗濯物の乾きがだいぶ変わってくるでしょう。

3-2.すべて裏返しにして干す

これは洗う時に裏返しても良いのですが、洗濯物を干すときに裏側にして干すと、とても乾きやすくなります。例えば、ジーンズといった厚手の衣類の場合、内側のポケットがいつまでも湿っていることがあるでしょう。衣類を裏返して干すと、重なっている部分がしっかりと乾くので、部屋干しの際にはおすすめです。

3-3.突っ張り棒ではなく、室内物干しを使うと便利

240_F_104346266_cqFwVSwnbn1kKLZZhxbBggW6hkA74anW

部屋干しのときに必要なのが「どこに洗濯物を引っかけるか」という点です。カーテンレールにかけてしまう人もいますが、これはレールが曲がったり、窓やカーテンにカビが生えたりするので、やってはいけません。

そのようなとき便利なのが突っ張り棒ですが、突っ張り棒では湿った洗濯物を干す耐久力がないケースが多いでしょう。干して外出後に戻ってきたら、突っ張り棒が落ちて洗濯物がすべて下に落ちているケースもよくあります。

そこでおすすめなのが、写真のような「室内物干し」です。ステンレス製のものが多く、しまうときは折りたためば邪魔になりません。1台2千円程度で買えることが多いので、1つあれば何かと便利でしょう。これがあればお風呂場や廊下にも、簡単に洗濯物を干すことができます。

まとめ 

240_F_156166235_6fzzzHqJCSux8ct6Lj3fg6WWECZogI1d

梅雨の時期の洗濯物は、多くの人が乾かないと悩むものでもあります。ただ、洗剤を入れすぎない、カーテンレールに干さないなど、少しの心がけで部屋干しの臭いや乾きにくさも改善されるでしょう。また、最近では部屋干しを普段から行う人も増えたため、便利な部屋干しグッズや洗剤が多数あります。まずはそのようなものを1つでもお試しで使ってみて、上手に梅雨の洗濯物と付き合っていきましょう。

自立心をはぐくむため、子供部屋は「あえて狭く」する!?

大切な子供のための部屋、「子供部屋」に関しては、多くの親が何かと悩むことが多いようです。なるべく日当たりが良くて広い部屋を与えてあげたい、そう思うのは親心として当然でしょう。

しかし、子供部屋が機能するのはたった10年とも言われており、良い部屋を与えるともったいないという意見もあります。しかも、あまりにも広くて居心地の良い部屋を与えてしまうと、かえって子供の自立心を妨げるといった声もあるのです。今日は狭い子供部屋のメリットや、その使い方について、じっくり考えていきましょう。

1.狭い子供部屋が人気になっている?

240_F_51533482_h2TcrCeZYwjcBdJXlmIO5GpSWV12KNgr

子供部屋を作るとき、たいていの人は成長した時のことを考えて大人と同じ広さのスペースをとります。中には2階全体を子供のスペースにするケースもあるようです。しかし、いずれ巣立っていく子供のために広い部屋をつくる必要はあるのでしょうか?近年ではあえて狭い子供部屋を作る家庭も増えているようです。まずは、どうしても狭くなってしまった子供部屋の事例からみていきましょう。

1-1.狭い子供部屋の理由 スペースがない

夫婦が結婚と同時に新居を購入するのはよくある話です。しかし、その時点で将来の子供の数を決めておくといった夫婦は少ないでしょう。多くても2人を考えていたのに、結果的に子宝に恵まれて5人も増えてしまった、なんていうこともあります。賃貸住宅の場合は広い家に引越せば良いですが、分譲住宅の場合はすぐに引越しをすることが難しいこともあるでしょう。そのため6畳の子供部屋を簡易仕切りで二つに分け、子供1人分のスペースはたったの3畳といった家も少なくありません。また、集合住宅でそもそも部屋数が少ない場合も、一部屋を分け合って子供部屋にするケースもあります。住んでいる住居にスペースがない場合、どうしても子供部屋は狭くなってしまうでしょう。

1-2.家具を置いたら狭くなってしまった

比較的新しい住宅には、各部屋に収納置き場が設置されています。しかし、中古住宅などでは子供部屋に十分な収納場所が確保されておらず、クローゼットを設置しただけで部屋のスペースを取られてしまうでしょう。しかも、子供部屋には「机」「ベッド」「本棚などの収納家具」がどうしても必要になり、これらを置くだけで部屋のスペースは非常に狭くなります。そこにクローゼットなどを置いてしまうと、4畳半といった部屋では、歩く分のスペースしかないかもしれません。部屋の大きさや間取りに合わせ、家具選びは重要になってくるでしょう。

2.狭い子供部屋にはメリットもある

240_F_89632754_tltgpesRNy7RcmcLsufLbEVooz3SvcPf

このように、日本の住宅ではやむを得ず子供部屋がどうしても狭くなってしまうケースがあります。しかし、狭い子供部屋には実はメリットもあるのです。では、それらについて詳しく見ていきましょう。

2-1.小さな子供にとって、狭い部屋の方が落ち着く

小学生くらいの身体の小さな子にとっては、広すぎる部屋は居心地が悪いです。いずれ大きくなるからといって10畳ほどの大きな部屋を与えても、最初はなかなか部屋で過ごすことはないでしょう。

子供は小さなころから「プライベートスペース」を自分で見つけます。押入れの中、ベットの下、カーテンの隅っこなど。どうしてそんな狭いところに入るのか、大人にとっては不思議に見えます。しかし、子供はあえて狭い場所に入ることにより、気持ちを落ち着かせたり、好奇心を満たしたりできるのです。安心できるテリトリーの中で、想像力や自立心が育つことになります。大家族で自分の部屋が持てない子供たちに、ベッドスペースに仕切りのカーテンをつけただけで大喜びされたという事例があります。狭い子供部屋は、子供にとってもある程度居心地の良い空間になるでしょう。

2-2.大きくなると狭い=引きこもりにならない

ただ、狭い子供部屋は、子供の身体が成長するたびに居心地がやや悪くなります。大人になるにつれ、子供部屋でブロックをするよりも、テレビのある開放的なリビングでゆっくり過ごしたいと感じるでしょう。体の大きくなる思春期になると、狭い部屋を窮屈に感じ、外に出たくなります。これは部屋にこもってしまうことを防ぎ、結果的に引きこもり防止にもつながるでしょう。子供のころからわがまま放題に育てると、大人になったときに何かと支障が出てきます。これは子供部屋に関しても同じであり、自分の部屋は狭くて動きにくいといった我慢を体験させた方が、結果的に自立できる大人につながるかもしれません。

2-3.狭い部屋の方が自立心が育つ?

小さなころは子供部屋にいることが嬉しくても、大人になるにつれ「もっと広い部屋が欲しい」と感じるのが理想的です。たとえば、両親の部屋と子供部屋がある場合、なるべく両親の部屋の方が日当たりが良く、広さも十分あるのが良いでしょう。逆に子供部屋は狭く、北向きといった位置的にも恵まれていない場所が良いです。こうすることで子供が両親との部屋の差を感じ、自分も将来は広い部屋が欲しい、自由な空間が欲しいという欲求につながります。大切な子供のために、自分たちの部屋よりも快適な空間をあげたいと思う親も多いでしょう。しかし、必要以上に快適で広い子供部屋を作ってしまうと、子供は自立心を失い、一生ここで過ごしても良いと感じることになります。それは、親にとって望むべき子供の姿でしょうか。将来の自立を考えたら、子供は小さく作っても良いのです。

3.子供部屋の注意点 

240_F_141494185_ydO0CGDIOJhb9rGUCPefoxeSEtnuramg (1)

子供部屋は、何も狭いスペースを与えておけば良いというわけではありません。また、一人っ子でどうしても広い部屋を与えるケースもあるでしょう。子供のための部屋はどうあるべきなのか、ここからは具体的に見ていきましょう。

3-1.広すぎる子供部屋にはルールが必要

住んでいる家が広く、子供部屋が必然的に広くなる家庭もあるでしょう。ここまでは子供部屋は狭い方が良いと言ってきましたが、そのためにわざわざ子供部屋を狭くする工事を行う必要はありません。

子供にとって広い部屋は、成長とともに居心地が良くなります。また、視力に関するデータもあり、欧米など広い子供部屋に暮らす子供は近視になりにくいそうです。これは6畳ほどの部屋で過ごすよりも圧迫感がないため、つねに遠い壁を眺めていることから視力が落ちにくいそうです。そうした面では、広い子供部屋にもメリットはあります。

しかし、広いスペースだからこそ「部屋が散らかる」「友達を呼び放題」といった問題も起こります。クローゼットがあってもそこまでの移動が面倒で、ベットの上に洋服が散らかり放題になったり、広いスペースがあるからこそ友人を複数呼んで、そこがたまり場になってしまったり。大人と違い片付け方法や人間関係の築き方が未熟な子供は、部屋が広すぎると問題を起こすこともあるでしょう。広い子供部屋は好き放題にさせないよう、明確にルールを作ることが大切です。

3-2.設備を与えすぎない

子供部屋には、あまり豪華な設備を置かないことも重要です。机やベッドといった勉強や生活に必要なものは置くものの、「テレビ」や「パソコン」といった娯楽につながる設備は設置しない方が良いでしょう。とくに子供がまだ小学生といった小さな場合、あまりにも娯楽備品を置いてしまうと、部屋から出てこなくなるリスクもあります

最近ではスマホ1台あれば何でもできてしまいます。きちんとしたルールを作り、スマホは子供部屋に持って行かないなど家庭での約束をしましょう。いくら部屋が狭くても、子供部屋で快適に過ごせる娯楽設備があると、部屋に引きこもってしまうこともあるでしょう。

3-3.片づけをきちんとさせる

子供部屋をつくる理由はさまざまですが、その1つとして「片付けを覚えさせ自立させる」といったことがあります。例えば幼稚園の頃はカバンなどをリビングに置き、その片付けも親が行うことが多いでしょう。しかし子供部屋を作ったあとは、ランドセルなど子供の荷物は子供部屋に置くことも増えてきます。子供部屋は、「自分の物は自分でしまう」ということを覚え、将来1人暮らしをしたときでも部屋を片付けることにつながります。

子供部屋はあくまで子供のスペースなので、親が勝手に片づけたり、片づけなさいと毎日叱るのはよくありません。しかし、あまりにも汚い部屋のまま片付けができないのも困ります。部屋を与えた時点で何をどこにしまうのか一緒に考え、子供部屋で快適に過ごせるよう親子でルールを決めましょう。

まとめ 

240_F_133385213_jxGKDFkDeutcaBFuLBYjw0zOC5IOrlWR

狭小住宅が多い日本において、子供部屋は狭い方が良いという意見はありがたいかもしれません。ある程度スペースを狭め、成長につれてやや居心地が悪いと感じる方が、子供の自立心を促すことにもつながります。

ただ、子供部屋を作る際にはルールを明確にしておく必要があるでしょう。中でも大切なのが「片付ける」「スマホを持ち込まない」といった約束事です。ただ部屋を与えるだけでは、そこが散らかり放題になったり、引きこもりの原因になったりすることもあるでしょう。子供部屋は将来自立をするための準備段階の部屋です。快適に過ごせるよう、親子でルールを作り、限られたスペースを有効に使った子供部屋を用意しましょう。

それぞれあると便利!「扇風機」と「サーキュレーター」なにが違う?

 

夏が近づくと、家電量販店には多くの扇風機やサーキュレーターが並ぶようになります。しかし、この両者の違いって一体なんでしょうか。大きさは扇風機の方があるものの、羽があって快適な風を送ってくれるものとしては、両方ともさほど変わらないように見えます。しかし、電気屋さんでは別物として取り扱われています。いったい、この風を起こす2種類の機械にはどんな違いがあるのでしょうか?今日は扇風機とサーキュレーターの違いや、その使い方について詳しく紹介します。

1.扇風機とサーキュレーターの違いとは

240_F_17271113_uWPL1GVGsT8ZQgHFYrzLhRlnbkL0Oe79

扇風機もサーキュレーターも、涼しい風を送り出してくれるものとしては変わりありません。ただ、使う用途がちょっと違います。簡単に言うと「直接風を浴びて涼をとりたいなら扇風機」であり、「エアコンメインで涼をとるならサーキュレーター」となります。では、両者の違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

1-1.扇風機とは

扇風機は、暑い時に風を体に直接当てて涼しむためのものです。はじめて日本で使われたのは1893年、アメリカのウェスティングハウス社製の扇風機が用いられ、翌年には国産初の扇風機が開発されました。いまからおよそ125年も前に作られていたのですね。

扇風機はエアコンのない部屋で活躍したり、すぐに風が出ることで涼しさを素早く楽しめたりします。多くの扇風機は「首振り機能」がついており、部屋にいる多くの人に風を届けることができます。また、タイマーや風量といった細かな調節機能もついており、これにより寝ている間は直接風が当たらないようにしたり、赤ちゃんには微風を当てたりできます。また、エアコンの冷風が苦手といった人にも人気が高く、さほど猛暑にはならない東北地方においては、夏場の冷房器具は扇風機だけといった家も多いです。

1-2.サーキュレーターとは

サーキュレーターは、主に空気を循環させる役割を持っています。サーキュレーターが生まれた年代などははっきりと分かっていません。扇風機が開発されたのち、小型化したのが始まりとも言われています。しかし、日本でサーキュレーターが活躍しだしたのは2000年代に入ってからのようです。会社で多くのパソコンが使われるようになり、熱を帯びたパソコン周りやオフィスを冷やそうと「デスクファン」が売れるようになりました。そこから空気を循環させてくれるサーキュレーターに注目が集まり、家庭でも用いられるようになってきました。

サーキュレーターは「まっすぐ強い風を遠くにあてる」といった用途ができます。そのため、生乾きの洗濯物を干して、下からサーキュレーターの風を当てることにより乾きやすくなるといった使い方もできます

2.部屋によって扇風機とサーキュレーターを使い分けよう

240_F_33146272_FWwv0NMGsb2CZ4te8k8PQ91DmHsmyu63

両者とも涼しい風を届けてくれるものですが、使う状況によって使い分けることがおすすめです。では、扇風機とサーキュレーターの使い方について詳しく見ていきましょう。

2-1.扇風機がおすすめの場合

扇風機は直接身体に風をあてて涼むものです。暑いときはいつでも活躍できますが、とくにおすすめなのが次のような場合です。

  • すぐに涼みたいとき
  • 寝室で使うとき
  • エアコンと併用

すぐに涼みたいときは、なるべく窓を二か所空けて空気の逃げ道を作ってあげるのがポイントです。暑い部屋にこもって扇風機をつけても、暑い熱風がふくだけで全く涼しくありません。

また、寝室で使う時はサーキュレーターやエアコンだけだと、風や冷風が身体に直撃し、体長を崩してしまうこともあるでしょう。その点扇風機なら風の調節や首振り機能も付いているため、直接風を体に当てることなく涼むことができます。そして、エアコンをつけるときは扇風機やサーキュレーターと併用することがおすすめです。空気をある程度循環させることにより流れを良くし、設定温度が低めでも涼むことができるため、省エネ効果もあります。

2-2.サーキュレーターはこんな場所で使える

サーキュレーターは空気を循環させるのに有効です。そのため次のような場合で使うと有効でしょう。

  • エアコンを効率よく部屋に循環させたい
  • 暖房時にも活躍できる
  • 洗濯物を乾かす

サーキュレーターの風は、まっすぐ遠くに飛ばすことができます。そのため、エアコンでは届かないような場所にも送風を送ることができ、結果的に部屋全体を冷やすことができるでしょう。これは暖房時でも同じです。暖かい空気は天井に貯まりますが、サーキュレーターの風を使うことにより暖かいをかき混ぜることができ、暖房費の節約にもなります。また、小型でコンパクトなため、洗濯物の下から風邪を送ることもでき、効率よく乾かすことができるでしょう。

2-3.それぞれのデメリットを見てみよう

家庭に1台ずつあると便利な扇風機とサーキュレーターですが、それぞれにデメリットはあります。まず扇風機は「大きくて持ち運びが不便」「風が届く距離が短い」ということがあります。そのため、洗濯物を干すサポート器具としては、ちょっと邪魔になることもあるでしょう。

一方のサーキュレーターのデメリットは「音がうるさいものが多い」「下から風を送るのでホコリが舞う」といったことがあります。首が回らないものも多いため、寝室で使うと直接風が当たったり、音がうるさいこともあるでしょう。床のホコリを舞い上げてしまうので、使う際は掃除した方が良いです。

それぞれにメリットやデメリットはあります。寝室では扇風機、リビングではサーキュレーターの風を使うといったように、使い分けることがおすすめです。

3.こんなに進化している!最近の扇風機とサーキュレーター

240_F_170459156_SZBBZSajqaePbPJro2wqtDgnYc9eodZ6

形や用途も似ている扇風機とサーキュレーターですが、近年売り出されているものはデザインも機能も進化しています。値段の安いものほど扇風機のスタンダードな形になりますが、高級なものほどデザイン性や機能性にも優れているため、コストをかけて機能性を高めても良いかいもしれません。では、新しい機能について見ていきましょう。

3-1.羽のない扇風機はもはや定番!?

2000年代に入り、羽のない扇風機やサーキュレーターが開発されました。発売された当時はあまりにの斬新的なデザインが大変話題になりました。そのメリットは

  • デザイン性が素晴らしい
  • 指を挟む心配がなく、赤ちゃんがいる家庭でも安心
  • 羽がないため掃除が楽

といったものです。一見するとインテリアにもなり、風力も従来の扇風機やサーキュレーターよりも強力な場合が多いです。しかし、その一方でデメリットもあります。

  • 価格が高い
  • 暖房に関しては、ランニングコストが非常に掛かる
  • モーター音がうるさい場合もある

長い扇風機の歴史を見てみると、まだまだ羽なしの扇風機やサーキュレーターの歴史は浅く、価格や機能の面ではこれからの開発に期待したいところです。

3-2.両方の機能を兼ね備えた商品も

扇風機とサーキュレーターは使う用途が違いますが、近年では両方の役目を持った商品も次々に開発されています。その内容は次のようになっています。

  • 見た目はサーキュレーターに近いが、扇風機のように首振り機能がある
  • 微風から16畳先まで風を飛ばすなど、風力設定の切り替えができる
  • ワイヤレスリモコンがある商品も
  • 寝ているときも利用できるよう、静かなモーター音が一般的

両方の機能を兼ね備えた商品は、扇風機よりも持ち運びが楽であり、風力も調節がしやすくなっています。ただ、サーキュレーターの形に近いデザインなので、床に近い場所で使うことが多いです。

3-3.その商品ならではの特徴も

扇風機やサーキュレーターには、その商品ならではのユニークな機能がついているものもあります。その一部をあげてみました。

  • マイナスイオン発生機能つき
  • 風速切り替えでドライヤーにもなる
  • 360度どこへでも風が出せる機器もある
  • 最大は35畳の広さまで対応

使う目的や場所によっては、その扇風機やサーキュレーターならではの特徴があった方が良いかもしれません。こうした製品は1万円以上するものが多いのですが、スタンダードで最低限な機能だけを求める場合は数千円で購入できることが一般的です。

まとめ 

240_F_88259160_9zeQUOKCbZORFhMqVl2EHxKRR0vYxMmx

一般的に、扇風機は人の身体を涼しくしてくれるもの、サーキュレーターは部屋全体の空気を循環させてくれるものです。使い方によっては両方の使用目的を叶えることもできますが、場所を取ったり、寝ている間はうるさかったりと、使い分けをしないと不便に感じることもありそうです。

また、サーキュレーターは小型で2千円程度のものが良く売れています。一台あればエアコンを節電しながら使うことができ、部屋の空気を効率よく循環することもできるのでおすすめです。今年の夏からはぜひ扇風機とサーキュレーターを使い分け、快適で過ごしやすい部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

宅配ボックスの使い方 そのメリットとデメリット

ネット通販や宅配サービスを利用する人が増えているため、「宅配ボックス」を設置している集合住宅が増えてきました。不在中でも便利に荷物を受け取れるとあって、多忙を極める宅配業者の方にも宅配ボックスの存在はありがたいでしょう。また、宅配ボックスはマンションといった集合住宅だけでなく、一戸建てでも同様にニーズが高まっています。

今回は住宅によって違う宅配ボックスの種類と、その使い方、またメリットやデメリットを詳しく紹介します。

1.そもそも宅配ボックスとは

240_F_141140924_u06od4ZguGgrU1B1r3PQY5uQhaiYPUxA

宅配ボックスとは、家の不在中に荷物が届いたときでも、そのボックスを通じて荷物を受け取れるものです。1983年に誕生したとされ、配送業者は受取人不在でも荷物を届けることができ、受取人は時間を気にせずに荷物を受け取ることができるという、両者にとってメリットの高いシステムです。

基本的な使い方は、宅配ボックスさえあれば業者はそこに荷物をいれて印鑑を押し、受取人は帰宅後にボックスから荷物を取り出すだけです。しかし、宅配ボックスの使い方は、その種類によって少々違いがあります。ではもう少し詳しく見ていきましょう。

1-1.旧型の宅配ボックス

既存のマンションで多く用いられているのが、「オフライン型」とも言われる旧型の宅配ボックスです。この使い方は、相性番号を入力することによりボックスが開閉します。宅配業者はロッカーのようなボックスに荷物を入れ、4桁の相性番号を設定します。そして「荷物を入れました、相性番号は○○○○です」といった不在届を郵便ポストに投函しておきます。帰宅した住人は、そこに記載された兄章番号を入力することで荷物を受け取ることができます。つまり、荷物を入れる前は誰でもボックスを開けることができます。また、受取のサインである印鑑は、ボックスの中に印鑑ポケットがあるか、捺印装置があるため、そこでサインをもらうことができるでしょう。

1-2.新型「オンライン」宅配ボックス

一方、新型の宅配ボックスは「オンライン型」とも呼ばれているものです。このボックスは、オンラインでコントロールセンターに情報が24時間つながっています。使い方は、業者が不在時に荷物を入れておくのは変わりませんが、住人がボックスを開ける時は「カードキー」で開けることが多いです。しかも、万が一カードキーを紛失してしまっても、コントロールセンターとつながっているため、遠隔操作でボックスを開けてもらうことも可能です。

また、オンライン型ボックスでは、荷物が届くと持ち主にメールで連絡をくれるといったサービスもあります。そのため荷物のとり忘れを防止したり、いつ荷物が届いたかなど受け取りに関するトラブルを減らすことができるでしょう。

2.宅配ボックスのメリット、デメリット

240_F_140027376_oHOUlJ3729YD0eCbUQq5ARY3M8mtYUoD

宅配ボックスは設置してあることで何かと便利なことが多いです。しかし、あまりにも宅配ボックスに頼ることにより、荷物の受け渡しに関してトラブルが起きてしまうこともあるようです。

2-1.宅配ボックスのメリット

まずは宅配ボックスのメリットについて見ていきましょう。

2-1-1.何と言っても荷物の受け渡しが簡単

忙しい人にとって、帰宅したときに荷物が届いているのは大変便利です。また、宅配業者にとっても何度も不在時に訪れる手間が減り、結果的にガソリンの排気量を減らせるといったメリットもあります

2-1-2.毎日の通販にも対応

いまや何でもインターネットで購入できる時代、忙しい人にとっては「ワイシャツがほしい」「調味料が切れた」といった際も、ネットで注文して宅配ボックスに届けてくれれば、日常生活も便利に過ごすことができるでしょう。宅配ボックスさえあれば、普段の買い物は不要かもしれません。

2-1-3.クリーニングの受け取りも可能

宅配ボックスの大きさにもよるものの、ボックスがあればクリーニングの受け取りも可能です。もちろん、クリーニング店によっては宅配に対応していないこともあるのですが、近頃では宅配ボックスに届けてくれるクリーニング業者も増えています。

2-1-4.クーリングオフに便利な場合も

オンラインの宅配ボックスの場合、宅配ボックスに入れられた荷物の日付や時刻がデータに記録されることが一般的です。普通の不在表や受取表は、もらったらすぐに処分してしまうことも多いでしょう。しかし、データに残ることによりいつ受け取ったかが明確になり、やはり返品したいといったときに、データの日付を使ってクーリングオフを利用できることもあります。

2-2.宅配ボックスのデメリット

一方、宅配ボックスには次のようなデメリットもあります。

2-2-1.荷物が盗まれてしまうトラブルも

旧式の宅配ボックスの場合、相性番号が書かれたお届け表をポストから盗まれ、そのまま荷物も抜き取られてしまうといったトラブルもあります。そのため、荷物を受け取っていないといったクレームに発展したり、不在表が届いていないというトラブルがあったりするようです。荷物は宅配ボックスが守ってくれる、そう過信してしまうのは良くないでしょう。

2-2-2.ボックスで受け取れる荷物は1つ

宅配ボックスは、業者が扉をあけて入れるたびにロックが掛かるシステムです。そのため、住人がロックを解除して開けない限り、再び荷物を入れることはできません。一日に3つほど荷物が届く場合でも、ボックスに入る荷物は1つだけなので、残りの荷物は不在連絡をして在宅中に届けてもらう必要があります

2-2-3.冷凍品や貴重品は受け取れない

宅配ボックスには冷蔵機能はありません。そのため、冷蔵品や冷凍品といった食材などは、基本的に届けることは難しいでしょう。また、貴重品や現金なども宅配ボックスでは受けられません。そうしたものは直接受け取る必要があります。

2-2-4.管理費、設置費が掛かる

最新型の宅配ボックスほど、設置したり維持をしたりすることでお金が掛かります。マンションなどに設置されている最新型のオンライン宅配ボックスは、ついていることで何かと利便性は高いですが、その分「管理費」が高いのが一般的です。導入費用や管理費用、修理費や清掃費用など、宅配ボックスだけでも年間相当なお金が掛かることになります。

 3.進化している!一戸建ての宅配ボックス

240_F_194557593_YPL73kI8nfrGlz0gSPVZPPZQAy7PfoO4

宅配ボックスというと、マンションをはじめとした集合住宅でしか利用されていないイメージがあるかもしれません。しかし、近年では一戸建ての住宅にも宅配ボックスの需要が高まっています。ここからは、一戸建ての宅配ボックスの使い方について詳しく見ていきましょう。

3-1.戸建ての宅配ボックスは、郵便受けと似ている

集合住宅の宅配ボックスと違い、一戸建ての場合は、戸外にボックスが設置されていることが多いです。宅配ボックスの形にもよりますが、スペースがあれば後ろから荷物を取り出すタイプがありますし、設置するスペースが限られている場合は、前から荷物を入れて前から取り出すタイプの宅配ボックスになります。イメージとしては大型の郵便受けであり、戸外に設置するとはいえ、しっかりと暴風雨対策もできています。

3-2.一戸建て宅配ボックスの使い方

一般的な一戸建て宅配ボックスの使い方は、宅配業者が荷物を届ける際にボックスを開け、荷物を入れたら扉の内側にある施錠レバーを下げて扉を閉めます。これによりボックスは開かなくなり、多くの場合「使用中」の表示がつきます。また、ボックスの中には印鑑場所が設置してあり、その印鑑を押すか、伝票差込口に用紙を入れて捺印ボタンを押すことにより、印鑑を押せるようになっています。

荷物を取り出すには専用キーなどでカギを開ければ、簡単にカギが開いて荷物の取り出しが可能になります。一度荷物を出した後は「空き」といった表示が出されます。

3-3.一戸建て宅配ボックス、そのメリット、デメリット

一戸建て宅配ボックスでも、集合住宅のように不在時に荷物が受け取れるメリットは大きいでしょう。小さな子供を一人で留守番させる際も、ボックスがあればわざわざ子供に対応させる必要はありません。また、集合住宅のように決められたボックスを設置するのではなく、自分好みのボックスを設置できるメリットもあります。スペースがあれば大型金庫のようなボックスを置くことも可能であり、荷物が入れば入るほど、ネットでの買い物は便利になります。

デメリットは、外から「使用中」の表示が見えてしまうことです。これにより「外出中」を示すことにもなり、防犯上はあまり良くないといった声もあります。また、玄関に設置するため、ある程度のスペースがないと設置が難しいこともあります。中古住宅と言った玄関先が狭い場合、大型のボックスを設置するのは難しいこともあるでしょう。

まとめ 

240_F_81150140_MZ3WA8VyNIEXyZP1mdUEdb1yl80qLjeX

宅配ボックスは不在時でも荷物を受け取ることができ、共働き世帯が増えた現在においては大変便利なシステムと言えます。しかしその反面、設置にコストが掛かったり、不在ということを外に知らせることにもなるため、防犯面からみるとやや不安なこともあるでしょう。

宅配ボックスはオンラインシステムになったり、荷物がたくさん入るよう大型化されたりと、徐々に便利になっています。それでも、宅配物が盗まれたり、不在表がなかったりと、若干のトラブルがあるのも否めません。便利な宅配ボックスですが、それに100%依存することは避け、自己管理や荷物の配送チェックなどを自分も怠らないことが大切です。

 

1 / 812345...最後 »
×