理想の街「オークヴィレッジ」

あたたかい日差し、穏やかな風。

大きなオークの木には、小鳥たちが集まり、 どこからか、子どもたちのはしゃぐ声が聞こえる。

開け放たれた窓からは シチューの匂いがただよってくる。

小さな幸せのしずくが ひとつ、またひとつ、 重なり合って、広がっていく。

それは、私たちが目指す理想の街 「オークヴィレッジ」の物語。

×