輸入住宅

夏の湿気を抑える風通しの良い家を建てるには

home

本格的な夏がやってくるまでは、できるだけエアコンは使わずに自然な風を感じたいところです。そのため、窓を開けて過ごす人も多いと思います。心地の良い風が抜ける家は、省エネや健康に良いだけではなく、自然を肌で感じて、季節の変化を楽しめる家でもあるのです。間取りから考えて家を建設する機会がある時には、おしゃれな間取りに気を配るだけではなく、風通しの良い家を建設してみませんか?

1.風の通り道を作れば、風通しの良い家になる

昔の日本の住宅は、開放性のある住まいになっていたので、風通しの良い家が作られ続けていました。しかし、第二次世界対戦以降は、住宅の様子も様変わりし、風通しの良くない住宅が増えるようになったのです。

「風通しの良い家を作る」ということは、今でも意識されていることです。「風通しが良い」となると安易に大きい窓を設置しがちですが、いくら大きい窓があっても一つだけ窓があるようでは、風通しの良い家にはなってくれません。

大事なのは、「風の通り道を作る」ということなのです。風の通り道を作ることができれば、窓は小さくても十分。「エアコンなんていらないのではないか?」と思うぐらい、良い風を通してくれるのです。

1-1.まっすぐつながる位置に窓を2つ設置したい

小さな窓でも構わないので、部屋の中に「窓を2つ」設置しましょう。風の入り口と出口ができ、風通しが良くなります。この時にポイントとなるのは、「2つの窓が真っ直ぐ繋がる様に配置する」ことです。こうすることで、より一層風通しが良くなります。部屋の構造上、どうしても窓をまっすぐ配置できない場合もあるかもしれませんが、できるだけチャレンジするようにしましょう。

1-2.できるだけ北と南に風の通り道をつくる

二つの窓の設置は、どの方向に向けて設置しても良いと言うわけではありません。より風通りの良い換気を作るのであれば、「北と南に」窓を配置するべきです。そうすれば、スマートな風の通り道を作ることができます。

よく「北風」とか「南風」と言う言葉を聞きますが、西風や東風と言う言葉は耳にしませんよね。つまり、それぐらい北と南から吹いてくる風は勢いが強いということなのです。特に、北風は一番強い風が吹いてくると言われていまから、より涼しい風を入れるためには意識しておくべきなのです。

1-3.窓が一つしか作れない部屋の場合は、換気扇をつけよう

どうしても、窓を2つ設置できないという場合もあるかと思います。そういう時に
は、部屋に換気扇をつけるようにしましょう。窓をひとつ開けて換気扇を入れれば、簡易的に風の通り道を作ることができます。できれば、この時につける窓は北か南に設置したいものですね。

1-4.ドアの設置にも気を配りましょう

家によく風を通すためには、窓を開けるだけではなくドアを開ける必要もあります。そうすれば、家の広範囲に風を通すことができるのです。

風の通り道を意識してドアの設置が出来れば、より完璧!通常のドアは、押し引きして開けるタイプが多いと思いますが、こういうケースでは引き戸を導入するのもオススメです。押し引きするドアの場合は、いきなり強風が吹き込んで来たときに、勢いよく開閉してしまう恐れがあるので危険です。怪我をする可能性があります、壁が傷ついてしまったり、ドアが壊れてしまう恐れもあります。そのため、風の通り道に設置するドアだけ、引き戸にするアイデアもありなのです。

2.窓が開けられないシーズンの換気について

換気したくても窓が開けられないシーズンもあると思います。例えば、強い雨が降りやすい梅雨時とか、寒気が厳しい冬などです。しかし、だからといって家の空気を入れ替えないわけにはいきません。そんな時には次のような方法を試してみてください。

2-1.二つの窓を少しだけ開ける

二つの窓をほんの少しだけ開けてみてください。実は、窓を全開にさせるよりも、スキマ程度に開けた方法が効果的なこともあるのです。その方がスピーディーに風が通り抜けてくれます(もちろん、窓全開ではダメと言うわけではありません)。これなら雨も入ってきませんし、寒さを感じさせる寒気も入ってこないのでオススメです。

2-2.換気扇を回す

どうしても窓を開けるのが厳しい場合は、換気扇だけ回すのもありです。ただ、窓を開けないとなれば、長時間換気扇を回した方が良いかもしれません。換気扇は、24時間回していても、そんなに電気代を食うものではないのです。常にまわしっぱなしにしていても家計にダメージを与えません。

トイレやお風呂についている小さい換気扇の場合は、24時間回しっぱなしにしても、1ヶ月の電気代は50円から100円といったところです。台所についているような大きな換気扇の場合は、1ヶ月の電気代は300円から500円くらいとなっています。換気扇だけで不十分だと思う場合は、窓を一つだけほんの少し開けてみましょう。しっかりと風が入ってきてくれますよ。

まとめ:家を建てる方角にも気を配って見ましょう

家を建てる際には、北側ギリギリに立てる傾向があります。それはどうしてかというと、「道路斜線」と「北側斜線」が関係しているからです。これは、家を建設する時の規制に関係してきます。南側に家を建てるよりも、北側に家を建てた方が、この規制が緩くなるのです。そのため、北側に建てる家が多いのですが、風通しを意識するのであれば、このような背景にとらわれずに、もっと柔軟に家の方角を考えるべきです。

風通しが良くなったとしても、窓が設置されている方向に「何が」あるのかを考慮しておかないと、かえってデメリットになることもあるのです。例えば、背の高い建物があると風を遮ってしまいますし、養豚場やゴミ捨て場があると悪臭が入ってくる可能性があります。公園やグランドがある場合は砂が入ってくる可能性もあるでしょう。従って、そのようなものがある方向には窓を作らず、家の外壁が向く様に建てるべきなのです。このようなことも考慮しながら家を建ててください。

×