• home
  • 輸入住宅
  • リビングに勉強机を置けば本当に子供は勉強をするのか?

輸入住宅

リビングに勉強机を置けば本当に子供は勉強をするのか?

shutterstock_485056825

子供のために買った勉強机も決して安いお買い物ではありません。しかし、それでお子さんがしっかりと勉強をしてくれるかどうかはまた別問題であり、せっかく勉強机を買ったというのに勉強机に向かって勉強をしてくれないのでは意味がありません。そこで、今回は「リビングに勉強机を置けば本当に子供は勉強をするのか?」について考えて見ましょう。

1.勉強机をどこに置くべきか?

勉強机というのは良い物だと10万円を超える事もあり、決して安いお買い物ではありません。しかし我が子が勉強机で勉強をしてくれるのであれば高い買い物とも思わないと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、勉強机を買えばお子さんが勉強机で勉学に励んでくれると言うわけではありません。場合によってはただの物置場所になっただけという事も珍しくはありません。せっかく高いお金を出して買った勉強机ですが、置き場所をしっかりと検討しなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

1-1.勉強机を子供部屋に置くべきなのか?

勉強机を置く場所として良く挙げられるのが子供部屋です。やはり勉強机もそれなりの大きさであるため、スペースの事を考えると子供部屋が一見すると理想的に思えるかもしれません。

しかし、勉強机を子供部屋に置く場合はいくつかの注意点と条件があります。まず子供部屋自体が親御さんのいる場所からは目が届かない場所にある場合、お子さんが親御さんの目の届かないのを良い事に「勉強机から離れたりしないか?そもそも勉強机に向かわないのでは?」という心配な部分があります。また、子供部屋に漫画、ゲーム、ベッドといった誘惑物が多いのであればそれが原因となって勉強をサボってしまう可能性もあります。

そのため、勉強机をただ子供部屋に置けばしっかりと勉強に励んでくれる、かどうかはお子さん次第です。高いお金を出して買った勉強机が役に立つかどうかもまた別の話となります。

1-2.勉強机をリビングに置くのはどうか?

勉強机を買っても「集中力の無い子だから…」という事で子供部屋に置いても「どうせ勉強はしないだろう」と諦めている親御さんもいるでしょう。

勉強机をリビングに置く事で親御さんの目がある状態にするという方法として「リビング学習」という勉強方法があります。子供部屋だと親御さんの目が届かないので「本当に勉強机で勉強をしているのかどうか?誘惑物が多いからむしろ子供部屋に置いても意味がなさそう…」と思ってしまいます。そこで、勉強机をリビングに設置すれば親御さんの目がありますのでお子さんが勉強に励んでいるかどうかすぐに分かります。また、子供部屋で宿題などもせずに誘惑物に負けてしまうのを防ぐ事ができます。

子供の勉強がはかどるリビングの間取り例としてオススメなのが、やはりキッチンなどから見える位置に勉強机を設置することであり、これなら親御さんも炊事や皿洗いと言ったキッチンで行う作業をしつつ、お子さんの勉強状況を見守る事ができます。

2.リビングに勉強机を置くことで勉強効率は上がるのか?

最近では住宅事情もあってか子供部屋に勉強机を置くスペースも余り無い事が多く、大きな勉強机ではなく小さな勉強机や折り畳みができる勉強机の需要も高まっており、実際に家具を販売しているお店などを除いてみるとリビング用勉強机なども販売されるようになりました。

特に人気があるのが折りたたみ可能な勉強机であり、リビングにあまりスペースが無かったり、お子さんのいない時は折りたたんでおけばその分のスペースを悠々と使う事ができます。しかし、勉強机をリビングに置く事でどんな効果があるのか?についてのほうが気になる方は多いのではないでしょうか?

2-1.リビングに勉強机を置く事のメリット

リビングに勉強机を置く事のメリットとしては、やはり子供部屋に勉強机があると誘惑物などに負けて本当に勉強しているのかわかりませんが、リビングにあれば親御さんとしてちゃんとお子さんが勉強しているのかを見守る事ができます。また、お子さんの勉強中における身体の姿勢がおかしいならば直してあげる事もできますし、勉強机で勉強をするので食事などをするダイニングテーブルが消しゴムなどのカスや鉛筆などの筆記用具で汚れることがありません。

お子さんから見ても宿題でわからない所があればリビングにいる親御さんや兄弟に聞く事ができますので、わからないまま放置をして勉強における苦手を作らずに済むようになりますし、親子同士のコミュニケーションやお子さんが今どこで悩んでいるのか親としてすぐに把握することもできるのです。

2-2.リビングに勉強机を置く事のデメリット

リビングに勉強机を置く事のメリットもあればデメリットも考えられます。お子さんとしてもリビングが騒がしかったりすると集中できませんので、お子さんがリビングにいる間は親御さんとしても勉強の邪魔になるような事をしてはなりませんが、どうしても親御さんを訪ねてきた来客があったり、見たいテレビが見れなくなってしまったり、リビングの固定電話に電話がかかってきた時に長電話をしづらくなってしまいます。また、リビングに勉強机があるとその分やはりスペースを取ってしまいますので、リビングが狭くなってしまう原因にもなってしまいます。

お子さんがわからない所があると質問に来ても、親御さんがしっかりと向き合って間違いない答えをしなければ意味がありませんので適当な答え方や「そんなもの自分で考えなさい!」と突き放す事ができません。そして何よりも常にお子さんが見える位置にあるので、お互いに気が休まらずかえってイライラしてしまいかねないので、監視などはほどほどにしておきましょう。

さいごに

リビングに勉強机を置く事で一番重要なことは「リビング学習で必ず成績が上がる」という保証はありません。また、お子さんによっては「リビングは騒がしいから嫌」「ずっと見られてる見たいで嫌」と思っているかもしれませんので、お子さんのためではなく自分の自己満足になってるだけにならないようにしましょう。

大切なのはお子さんが勉強机に向かって進んで勉強する姿勢である事を忘れないようにしてください。

×