• home
  • 輸入住宅
  • 魅力いっぱい!快適な生活を実現するリネンカーテン

輸入住宅

魅力いっぱい!快適な生活を実現するリネンカーテン

shutterstock_337783064

カーテンに使用される素材はいろいろありますが、ナチュラルな雰囲気を愛する人に人気の素材がリネン素材のカーテンです。リネンはシーツやタオルなどに用いられることが多い素材ですがカーテン生地としても人気が高く、リビングや寝室用カーテンとして広く用いられています。

魅力あふれるリネンのカーテンは毎日の生活にきっと潤いを与えてくれることでしょう。

1.リネンとは

リネンとは「フラックス」という植物の茎を原料に用いて作られる布材で、日本では「亜麻」と呼ばれています。ざっくりとした素材感が特徴の麻素材の中で肌触りに優れ、素朴さあふれる温かみと清潔感が特徴です。

1-1.ナチュラルテイストが魅力のリネン

麻類の布地はざっくりとした素材感がそのまま残るのが特徴ですが、リネンも自然素材ならではのナチュラルテイストが魅力です。麻生地というと固さやゴワゴワ感があるものですがリネンは肌触りもよく麻特有のナチュラルテイストは残しつつ布材として心地よい感触を有しています。リネンのカーテンを部屋の窓に取り付ければ、ナチュラルテイストあふれる柔らかで温かみのある室内空間が実現します。

自然の温かみたっぷりのリネンカーテンはナチュラルインテリアとの相性もピッタリ。カーテンとインテリアをコーディネートすれば、おしゃれなだけでなく自然素材で安心して暮らせるお部屋になるでしょう。

1-2.ヨーロッパでは高級素材として人気

リネンはヨーロッパで高級素材として人気を集めています。天然由来の素材としての価値だけでなく肌触りや実用性にも優れているので、良い物を大切に長く使い続けるヨーロッパ的な価値観にピッタリな素材としてリネンが大切にされています。

2.リネンの特徴

自然由来の麻布であるリネンにはさまざまな特徴があります。見た目や肌触りだけでなく実用性にも優れているので、インテリアとしてまた実用品としてカーテンにピッタリの素材といえるでしょう。

2-1.洗濯しやすい

リネンは吸水性が高いという特徴を持っています。自然由来の麻材は水となじみがよく乾きやすいので洗濯に手間がかかりません。大きなカーテンは洗濯しても乾かしにくく乾きにくい素材だと生乾きのままカーテンを取り付ける事になってしまいますが、洗いやすく乾きやすいリネンのカーテンならそんな心配はいりません。汚れ落ちもよいので仮に汚れたとしても洗えばすぐにきれいになり、こまめに洗濯してして常にカーテンを清潔な状態にキープできます。

新品のリネンは麻素材特有のざっくりとした固さがありますが、選択を繰り返すとどんどん固さはとれ、柔らかくしなやかになじんでいきます。水に強いので選択を繰り返しても痛むことはなく、使い込むごとにしなやかで気持ちのよいカーテンへと変わります。

2-2.肌触りがよい

麻材の中には触るとチクチクするものも多いですが、リネンではそのようなことはありません。リネンは加工されるときにペクチンが使用されており、麻特有のチクチク感は皆無です。スベスベとしたやわらかな肌触りでいつまでもずっと触っていたくなる気持ちよさです。柔らかくしなやかなリネンのカーテンは風に吹かれて気持よくそよぎます。

2-3.耐久性に優れる

窓にかかって風と直射日光にさらされるカーテンに求められるのが耐久性です。どんなによい素材でも耐久性が低くすぐに傷んでしまうようではカーテンとしては使えません。丈夫な麻由来のリネンはカーテン素材として十分な耐久性を有しています。綿と比べるとその強度は約2倍。洗濯しても耐久性が落ちないので長く使い続けられます。

2-4.吸水性・速乾性に優れる

リネンは水との相性がよく、吸水性・速乾性に優れます。カーテンは日光や風だけでなく室外からの湿気を遮る役割も持ちますが、湿気を貯めこむ素材だとカーテンがいつまでも湿ったままでカビがはえることも珍しくありません。吸水性と速乾性に優れるリネンは余計な湿気はきちんとシャットアウトし、吸収した水分もすぐに放出します。水分を貯めこまないのでカビの温床になる心配はなく、家族の健康を守ります。

3.実用性とインテリア性を兼ね備えるリネン

リネンカーテン最大の魅力は、実用性とインテイリア製の両立です。カーテンは窓から室内を守る実用的な道具であると同時に室内を彩るインテリアでもあります。機能に優れるだけ、見た目に良いだけの布材ではカーテン素材として不十分です。

リネンは実用性とインテリア性を高いレベルで兼ね備え瑠璃草的なカーテン素材です。使い勝手にこだわる方も見た目にこだわる方も、リネンのカーテンならきっと満足することでしょう。

3-1.透光性の高さでやわらかな光を室内に

リネンカーテンは光を通す投稿性に優れます。カーテンに求められるのは遮光性と思われがちですが、遮光性が必要なのは寝室など室内を完全に暗くしたい部屋のみで、リビングなどは完全に日光を遮断する必要はありません。

リネンカーテンならカーテンを閉めてプライバシーを確保しつつも適度な光を通してくれるので、室内に圧迫感が生まれません。強い日差しもリネンカーテンを通すことで柔らかく温かい光になるので、自然光で室内を心地良い明るさに保てます。

3-2.色やデザインも豊富

リネンは加工がしやすく、色やデザインも豊富です。素材の質感を活かしたナチュラルテイストがリネンの魅力ですが、生成りの色以外にもいろいろなカラーのカーテンが選べるのでテーマやコンセプトに合わせて室内を自由自在に飾れます。

ナチュラルテイスト以外にもモダンテイストやクラシカルなリネンカーテンもあり、インテリアとコーディネートしながら季節ごとにカーテンを交換して部屋の雰囲気を変えるのもオススメです。

4.長く愛用できるリネンカーテンとともに歩む生活

リネンカーテンはデザインや実用性に優れるだけでなく、長く使い続けられるのも大きな魅力です。お気に入りのカーテンを長く使い続けるうちに独特の風合いが生まれ、より一層魅力的なカーテンになることでしょう。

高級なリネンカーテンですが、長く使い続けることを考えれば決して高い買い物ではありません。お気に入りのリネンカーテンとともに毎日を過ごせば、安らぎのある生活が実現することでしょう。

×