• home
  • 輸入住宅
  • インナーテラスは解放感と安心感あるスペース!その魅力とは?

輸入住宅

インナーテラスは解放感と安心感あるスペース!その魅力とは?

shutterstock_482324602

家における「テラス」については多くの方が耳にするかと思われます。テラスとは家の外にある住居空間の一部であり、ここにテーブルや椅子などを置き、家族で食事をしたり、家に訪れたお客様と一緒にお茶を楽しんだりする事ができるスペースです。そのテラスについて最近では「インナーテラス」と呼ばれるインドア型のテラスも注目を集めており、実際に家の展示会等でインナーテラスの存在を知り、新しい家を建てる際にインナーテラスの設置を希望される方も増えてきております。今回はインナーテラスの魅力やメリットについて紹介していきます。

 

1.テラス、バルコニー、ベランダ、そしてインナーテラス

これまで家における屋外のスペースを指す言葉にテラスの他、バルコニーやベランダがあります。そして、最近ではインナーテラスが4つ目のスペースとして注目を集めておりますが、これらの違いは一体何なのでしょうか?それぞれの特徴についてまとめました。

1-1.解放感は最高なテラス

家の外に机や椅子を置いて食事やお茶を楽しめる屋外カフェのような空間です。家の中とはガラス戸等で繋がっており、周囲にはガーデニングで彩られた庭と一体化しているため、演出次第では「自慢のカフェスペース」にもなります。ただし、屋根が付いていないために雨の日や日差しが強い日等の環境による影響を直接受けやすく、近隣からも丸見え状態になりやすいためにプライバシー面では気になるかもしれません。しかし、解放感溢れるスペースで楽しむお茶や食事もまたとても気持ちがよいものであり、自分だけの一息スペースとして人気があります。

1-2.屋根が付いているので雨でも安心なベランダ

屋外にひさし(小さな屋根)のある突き出たような空間であり、特にマンション等ではよく見かける造りです。屋根が付いており、屋外に家の一部が突き出たような見た目なのでテラスと比べると解放感は若干劣るかもしれません。しかし、雨の日でも傘を差す必要が無く、外に出ることが出来る強みがあります。さらに屋根が付いているため夏場の日差しが強い日でも良い日陰になってくれますし、広さが十分あれば洗濯物を外に干す事ができるだけでなく、不測の雨でも屋根が付いているため洗濯物が塗れずに住みます。もちろん、ガーデニングやカフェスペースとしても有効利用できる空間です。

1-3.二階にあるからプライバシーに強いバルコニー

バルコニーはよく「ベランダとどう違うのか?」と思われますが、バルコニーの定義は「2階以上の外に張り出した手すりのある屋根のない空間」の事であり、主にベランダとの違いは1階か2階か、屋根があるか無いかで分かれます(ただし、そこまで厳密なわけでもないので、バルコニーなのにベランダと呼ぶことも多い)。2階にあるため、洗濯物を干す時や、お茶を楽しんだりする時はバルカニーまで持っていくのが少し大変ですが、2階にあるためテラスと違って解放感がありながらプライバシー面では周囲から見られにくいということが強みでもあります。また、2階以上の景色から眺める景色を楽しみながら食事やお茶を楽しむのもまた格別でしょう。

1-4.室内のテラス空間?インナーテラスとは?

外ではなく家の中にある「インナーテラス」とは一体どういう空間なのかあまりイメージが出来ないと思います。インナーテラスの特徴は外にいるかのような解放感を感じつつ、家の中にあるために急な雨に濡れる恐れや、強い日差しを避ける事が出来ます。さらに近隣の方からも見られにくいのでプライバシーの面でも安心できるという、まさに家の外と内の良い所を両立させたスペースです。また、十分なスペースがあるため、雨の日でも洗濯物を干す事ができたり、「食事会にお客さんを招いたのに急な雨で台無し!」という事態も防げるのです。

 

2.インナーテラスのメリットと用途について

インナーテラスはその解放感と屋内にいる安心感を両立させた空間であり、家を建てる時にインナーテラスの設置を検討される方も増えています。このインナーテラスが持つメリットと様々な用途についてご紹介いたします。

2-1.インナーテラスで食事とお茶を楽しもう!

お客さんを招き、腕によりをかけて用意した料理やお茶ですが、あいにくの急な雨や日差しが強いために外に出られず、仕方なく家の中で食事、お茶会という悔しい思いをされた方も多いのではないでしょうか。しかし、インナーテラスではそのような事が無く、屋内でのテラス空間で食事会やお茶をお客様と楽しむ事ができるのです。そのため、雨や日差しが強い日でもせっかく用意したセッティングを台無しにされる事が無くなります。

2-2.子供の遊び空間にインナーテラス!

遊び盛りの子供であれば外に出て遊びたい気持ちがあるかもしれませんが、もし外で事故に合ったら?梅雨時のように雨が多い日はどうするか?という不安を抱えた親御さんも多いと思います。しかし、インナーテラスであれば広々とした空間で子供達も思いっきりはしゃぐ事ができる上に、広々とした空間を利用してブランクやジャングルジムのような遊具まで設置することが出来るのです。また、親の目が届きにくい外ではなく、インナーテラスという屋内にある空間から親御さんもホッとできる安心感があります。

2-3.スポーツや筋トレの練習スペースにインナーテラス!

例としてゴルフなどのスイングの練習をしたりする時は十分なスペースが必要です。そのため、休日に屋外で素振り練習をしようとしても「あいにくの雨でとても練習が出来ない…」という残念な思いをしたことは無いでしょうか。または筋トレをするためにせっかく購入したスポーツ器具についても同じです。スポーツ器具によってはかなり高さもあり、場所を取るために家の中に設置しにくいと言う方も多いのではないでしょうか。しかし、インナーテラスであれば広々とした解放感ある空間を利用して、雨によって外に出られない時のスポーツの素振り練習を気兼ねなく行えます。さらに筋トレに必要な器具を置くスペースも十分にありますので、家の中で設置スペースに悩むことも無くなります。

 

2-4.ペットのためのインナーテラス!

ペットを飼っている場合は大型犬等だと室内で飼うのは難しく、基本的に外の犬小屋で飼うというスタイルになります。しかし、インナーテラスを使えばペットのための空間に利用してあげる事も可能であり、さらに室内飼いでの粗相による汚れやダニ、臭いと言った悩みもまとめて予防できますので、ペットとより身近に生活が出来ます。

 

3.まとめ

家の中にあるインナーテラスは屋外の解放感と屋内の安心感を合わせ持つ空間を作り出します。人によって様々な演出や使い方が出来るインナーテラスを、家の建築時に生活の一部として取り込んでみてはいかがでしょうか?

×